トラウマは脳でスクリーンショットを撮っている

心痛むニュースがありましたね。
関わりが無い人間ですが、胸が張り裂けそうです。
2020年はこの様に悲しいニュースが多く、発信をしている側の人間としては
非常にセンシティブです。
優しい世の中になってほしい。
心よりご冥福をお祈り致します。

世間はコロナもまた第二波が来て、自粛を余儀無くされたり
見えない未来に不安を募ってしまう方もいるでしょう。

このコラムが誰かの後押しができればと思います。

あなたはトラウマってありますか?

トラウマ

心的外傷とは、外的内的要因による肉体的及び精神的な衝撃を受けた事で、長い間それにとらわれてしまう状態で、また否定的な影響を持っていることを指す。

wikipedia

トラウマと聞くと大袈裟なのでは?と思われるかもしれませんが
人は多少なりともトラウマを抱えています。
人には人の物語があり、辛さのレベルなど他人が理解出来るものではないから。

トラウマは突如ふとした瞬間にあなたを苦しめる事があります。

普段の生活は問題ないのに、同じ瞬間にふと身体が動かなくなってしまう。
そんな体験ってあると思うんです。

背中がヒヤッとして
鼻の奥がツンとして
瞼の奥から何かが湧き上がる
呼吸が苦しくなって人によってはパニックに陥ったりもします。

そんな時
”大丈夫”だと自分自身で何度も言い聞かせた事でしょう。

私達は大人なればなるほどに、我慢というものを覚えていきます。
時には、作り笑いだって平気なふりだって出来てしまうと思うのです。

でも自分の中にある抱えきれない辛さは我慢するものではないと思うんですね。
優しく真面目な人ほど、この我慢をしがちに思います。

トラウマは脳でスクリーンショットを撮っている

そして
その時の匂いだとか、音だとか
感覚的なものが後付けされていって
なんでも無い時だったり、似た様な状況の時に

ぐわって

傷が癒えるのは人によってペースが違います。
平気そうに見えても心は泣いてる人だっている
そういう人程結構普通に見せるのが上手だったりします。

もし現実があなたを苦しめてしまってもどうか分かって欲しい。

こんな梅雨ばかりの日々でも本日のように晴天の日もあり
自分が生きている世界はこの世界に置いてほんの一部であることを

そしてあなたを苦しめているその世界から逃げてどこか遠い田舎に行ってリスタートしてもいいって事を

海も山も川などの自然は全てあなたを決めつけるような場所ではないことを

人は失ったものや持ってないものを数えたり見つけようとしがちだけど
どうかあなた自身が既に持っているものに目を向けて欲しい

世界が残酷に見えても、どこかにほんの少しだけ美しいものがあるってことを

そしてどうか諦めないで見つけて欲しい

トラウマに隠された
本当のあなたは何がしたいのかというシンプルな事を。


幸せは外側にあるのではなくて内側にあるものなんだと思います。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧