【KNOT online contest】エントリー選手紹介/飯田 航太選手

このコーナーでは、エントリー選手達にインタビューし、選手達の思いを皆様にシェアしたいと思いオフィシャルメディアパートナーであるQUIIVER内に設けております。

ライディングと共に選手達のエピソードを見て、是非皆様で応援して下さい。
またこのライダーを応援したいと思ってくださったら、積極的に彼らのInstagramをチェックしてください。
※選手のコメント部分は選手が答えたものを、そのまま掲載しております。文章校正は特にしておりません。

飯田 航太
age:22/Home:神戸

Q1:この大会への意気込みを聞かせてください。

日本のサーフシーンを牽引しているサーファー達が中心となって起こしている企画と知って、その新たな旋風の一部に交わりたいという思いでエントリーさせてもらいました。スタイル全開なエントリー作品が溢れていて正直誰がサーフトリップを勝ち取ったとしてもドキュメンタリー映像&写真集はすごく楽しみですね。もちろん自分も対抗できるような映像を作れたと思っているので気合は十分に入っています。

Q2:将来はサーフィンを通してどうなりたいですか?

どんな時でも優しく受け入れてくれる海の素晴らしさを多くの人に知ってもらいたい、それを知ってもらうきっかけになれれば最高ですね。普段は波の無い神戸市で大学に通っていて、休みの際は徳島県のサーフショップでサーフィンスクールのお手伝いもさせてもらっています。初めて波に乗れた時の笑顔を見た時は本当にこっちも嬉しくなります。
フリーでサーフィンしているときに岸から見ていた人に「サーフィンって楽しそう!」って声をかけられたり。そういった小さい瞬間ですけど、海の偉大さ、サーフィンの魅力を伝えていきたい。

Q3:サーフィンにかける思いを教えてください。

サーフィンは自分の魂に染み付いているものです。究極を言うと死ぬまで波乗りと関わりたいと思っています。自分のパフォーマンスがその時々のフィジカル/メンタルコンディションや状況に振り回されないように日々生きていきたい。ありがたいことにスポンサーや家族、友達が応援してくれているので全力でサーフィンに打ち込んでいきます。

Instagram:@kotaiida_
Film: @hrssurf @billy_leepope @malachi.films
Edit: @kotaiida_

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧