実は万能薬だった!倒立がもたらす驚きの効果とは?!

サーフヨギーの小林雅仁です。

ヨガといえばよく見かけるこの頭立ちのポーズ。

子供の頃に、三点倒立などをやったことがある方も多いのではないでしょうか?
大人になると逆立ちをする場面なんて中々ないですよね!
実はこの逆さまになることには、驚くほど身体に素晴らしい効果がたくさんあるんです。

今回ご紹介する倒立は

“ヨガのアサナの王様”とも呼ばれている

サーランバシールシャアサナ(Salamba sirsasana)です!

このアサナは万能薬、すべての病に対する特効薬、妙薬であるとも言われています。

…なんだか大袈裟ですが、どうやらこれは身を持って体感する以外はなさそうですね。

僕は、このアサナを毎日取り入れてからすぐに変化が見られました。

どんな変化かと言いますと、
実は約2年ほど前、サーフィン中に肩を痛めたことがありました。
それから左肩周りの慢性的なコリや痛みが続き、整体での施術を受けたり、セルフケアを色々と試しましたが良くなる気配がありませんでした。

もうこの痛みと一生付き合っていくのだとあきらめかけていた矢先、、、このポーズから解消のヒントを貰ったのです。

毎日たったの1回を1週間ほど続ける事で嘘のように痛みが引いてきました。

完全に違和感がないかと言われれば、ほんの少しだけ名残がある気がしますが、以前の様な痛みは全く感じていません。

勿論全ての人に対してこれが正解ではありませんが、もし長年痛みと向き合い続けて改善が見られない場合は、試してみる価値はあるかもしれませんね。

生徒さんの中には
この倒立を入れたあとは、いつも痛いところが本当になくなる。
とおっしゃっていた方もいました。

マット1枚分のスペース、壁があるところですぐに練習ができますので、早速トライしてみましょう。

<効果>
・体幹・腕の筋力UP。
・全身の循環器や呼吸器機能の向上。
・脳や脊髄や神経系統に血液を送り、腰痛緩和や視力・聴力回復、神経障害や喘息の改善。
・また集中力や精神力や記憶力の向上など、精神面での恩恵もたくさんあります!

<禁忌>
かなり重い高血圧症や緑内障や網膜剥離の方、目の手術直後の方、鼻づまりや喘息発作中の方などは、このポーズは控えましょう。

<やり方>
頭は頭頂が床に着いている程度。全身を支えているのは、腕になります。

1)四つばいから、肩の真下に肘をつき、両手をあわせて指を組みます(ギュッとしないように)。組んだ手の中に後頭部をいれて、頭を軽く床につきます。

2)膝を床からもちあげて、つま先立ちになり、だんだんつま先を頭のほうに歩かせていってももの付け根を高くしていきます。

ワンポイントアドバイス:背中が丸まらないように、腰がそらないように上半身をまっすぐに保ちながら、骨盤を肩の真上にもっていきます。頭は、おでこ側ではなく、鼻先が水平になるようにまっすぐ頭頂をつきましょう。

3)お腹の奥のほうの力を使って上半身をまっすぐに保ち、つま先を少しでも持ち上げる練習をします。上半身がまっすぐ立っていれば、自然と持ち上がってきます。

4)足が持ち上がったら、膝を胸に近づけて、まずはここでキープできるようにします。

5)膝を真上に持ち上げて(曲げたまま)キープしましょう。

6)呼吸をしながら膝をのばし、脚をまっすぐ上へ向けます。

7)お腹の奥の力を使いながら、逆の流れを通ってゆっくり床にもどってきます。チャイルドポーズをしてゆっくり数呼吸してから、頭が最後になるようにゆっくり起き上がります。

できるだけ長くキープしましょう!(10秒~5分間)

※降りたあとは必ずチャイルドポーズを入れるようにしてくださいね。

行き詰まりを感じた時、何か変化が必要な時は、逆転することできっと何かが見えてくることでしょう。

関連記事一覧