女性プロサーファーの金銭事情について :プロサーファー水野亜彩子

プロサーファー水野亜彩子です。
本日はとてもシビアな内容をコラムとして書かせて頂きたいと思います。

|現在のWCTの賞金事情と国内賞金事情


WCTの賞金は2019年から男女平等となり様々なメディアでも取り上げられてとても話題になりました。
※メディアURL参照
https://world-surf-movies.com/2018/09/06/post44016/

このニュースを知った時、とても希望がある素晴らしいニュースで日本でもこの流れに続いてくれたらいいな!
と嬉しくなったのを覚えています。

日本の賞金は、男性と女性の間にはかなりの差が生まれてしまっています。

参考資料が無いのですが、WSLのCTは男女一緒になってから優勝賞金が10万ドル。
JPSAは優勝賞金が20万程です。

選手は、ヒート表に記載されているポイントと賞金で確認をしています。

賞金ラウンドまで来ると、ポイントの隣に賞金が記載されているので、自分の最終順位をみていくらか確認します。

確かに、選手の出場人数を見ると男性の方が多いので仕方ないのでは?という指摘もわからなくもありません。
(ここ近年の男性のエントリーは150人弱、女性は50人程度です)

ただ、プロサーファーとして活動することにもう少し夢があっても良いのでは?
と私は思っています。

私自身、選手時代の時に金銭面では苦労しましたしとても悩みました。

|プロサーファー選手時代の生計の立て方

賞金も給料も男性に比べると低い女性プロサーファー。
ほとんどの女性プロサーファーはサーフィンをしながらバイトをしていました。

私も例外ではなく近所の飲食店でバイトをしながら試合を転戦していました。

その当時の生活リズムは、サーフィンをして、トレーニングへ行き、夜はバイト。

時には、バイト先も海も自宅から近いので朝サーフィンして、ランチタイムにバイトへ行き、サーフィンして、また夜バイトへ行くなんてことも。

もっとサーフィンに集中出来ればいいな…と強く思いましたが、試合に出場するためにはエントリー費を稼がなくてはならないですし、賞金だけでは中々生活することは出来ないのが現実で悩みました。

また、この生活を公に出して良いものなのか…と思っていました。

スポーツ選手って夢がある職業なのに、こんな生活をしているって知られてしまうとプロサーファーって夢がないんだな。
と、プロサーファーに憧れている次世代の子達に思われたくないな。
という思いもあり、理想と現実の葛藤もありました。

それは、サーフィンって本当に素晴らしいスポーツだし、プロサーファーってかっこいい職業だから

現実の部分は見せたくない。そんな気持ちがありました。

|これからの日本国内女性プロサーファー達へ

現在の日本の女性サーファーはかなりレベルが上がり、海外の大きなコンテストでも結果を残し、今の日本の女性サーフシーンを輝かしい方向へむけてくれているトップサーファーが沢山居ます。

それでも選手によっては世界を目指しながらも金銭的な部分も考えなければいけない現状があります。

先日、若い選手の記事で印象的な言葉を目にしました。

「お金の面で大変な思いもしてきたし、両親が苦労しているのを見てきたから。やはり、 これからサーフィンにチャレンジする子供たちのために、もっと良い環境を作ってあげられたらって思う。」

この記事を見た時にとても胸が苦しくなったと同時にどうにかこの現状を変えていきたいと強く思いました。

まだ若い現役の自分の事だけを考えてサーフィン・トレーニングと集中していい素晴らしい選手でも、このような考えをしている。
もっと金銭的な悩みを減らして、サーフィンと向き合える時間を増やし、後悔のない選手生活を送れるようになって欲しい。

そう心から思います。

スポーツ選手には寿命があります。
この年齢の時代というものは当たり前だけれども返ってこないし、沢山のことが吸収できるとても大切な時期なんです。
そこを周りの大人達がサポートしていくべきだと感じます。

冒頭で書いた様に、海外は変化しております。

日本での女性のサーフシーンもみんながイメージしている、プロサーファーってかっこいい!スポーツ選手ってかっこいい!
と憧れる世界へ向かって欲しいですし、私も何か微力ながらサポート出来たらなと思っています。

↓↓水野さんinstagramはこちらから↓

↓↓水野さんのスクール情報はこちらからどうぞ↓

毎週木曜日 10:30~11:30

鵠沼松が岡 Tropical yogaにてピラティスレッスンを開催中!
プライベートレッスンも行っておりますので、お問い合わせ下さい。
Mail: asakomizuno.pilates@gmail.com

↓↓水野さんの過去記事はこちらからどうぞ↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧