サーフミュージックの第一人者! Jack jhonson

ハワイ州オアフ島ノースショア出身、サーフミュージックの第一人者といっても過言でもないジャックジョンソン。

海=彼の音楽

と言うイメージの方も多いのではないでしょうか?

ナチュラルで肩肘を貼らずに聞けるアーティストととしても定評があり
ハワイ出身の彼らしく、そのサウンドは私達をハワイのあの柔らかで優しい風のように包み込まれます。

Jack jhonson

ジャック・ジョンソンは1975年5月18日、ハワイ・オアフ島のノースショアに生まれた。”世界で最も危険で美しい波”がブレイクするビーチと庭 続きというロケーションの中、「1、2歳くらいから親父のボードに乗せられていたよ」と言うほど幼い頃からサーフィンに慣れ親しみ、高校生になる頃には世 界最高峰のサーフィン大会である”パイプライン・マスターズ”にも出場。
ケリー・スレイターやロブ・マチャドらと並ぶ注目サーファーと評価され、 Quicksilver社とプロ契約も結んだ。しかし17歳の時、サーフしている最中に海底のリーフ(珊瑚礁)に身体を叩きつけられ、頭蓋骨にヒビ、頭部 を100針以上縫う大怪我をしてしまう。
数ヶ月間は海に入ることすら許されなかった失意のジャックは、これを機に、以前から趣味としていたギターにのめり 込むようになったという。
高校卒業後は、カルフォルニア大学サンタ・バーバラ校に進学。「昔から、ボロいカメラで友達のライディングを撮影しては、好きな音楽をのせて VHSに編集するのが好きだったんだ」というジャックは、専攻を数学から映画へと変え、卒業後、(在学中に出会った現在の妻=キムとのヨーロッパ放浪の旅 の後に)ハワイに戻ると本格的な映像制作に着手。そして1999年、サーフ仲間のマロイズと組み、最初のサーフムーヴィー『シッカー・ザン・ウォーター』 を完成させる。スレイターやマチャドなど、世界を代表するトップ・サーファー達の姿を捉えたそのドキュメントは、世界中のサーファー間で評判となり、アメ リカを代表するサーフ誌=『Surfer』では最優秀ビデオ賞も獲得する。

参照記事:https://www.universal-music.co.jp/jack-johnson/biography/ 様より
Ino
Ino

プロサーファーとしても実力があり怪我を経て映像、音楽と多方面に渡りその才能を開花させたジャックジョンソン。
困難を乗り越えたから彼の音楽は優しいのですね!
では早速オススメのピックアップ曲をどうぞ。

Jack Johnson – You And Your Heart (Official Video)

Ino
Ino

サーフィンしたり、海と戯れるジャックの表情が印象的で彼にとっての海やサーフィン音楽がライフスタイルであることが自然であることが分かる一曲になってます。

Jack Johnson – Upside Down (Official Video)

Ino
Ino

おさるのジョージの映画挿入歌となったこの歌はポジティブな歌詞と爽やかなサウンドがとっても清々しい気持ちにさせてくれます。
特に出だしの歌詞の

Who’s to say
What’s impossible
Well they forgot
This world keeps spinning

”誰言ってる??
不可能だなんて?
彼らは忘れてるんだ
世界は回り続けている事を”

って言うところが好きです。

【和訳】Jack Johnson – Better Together

Ino
Ino

今回は敢えて、このライブバージョンで日本語訳付きの映像をチョイス。
この歌は聞いたことある方多いのでは..?
日常の小さな幸せを再確認できるような愛を歌った歌です。
彼の優しくもありオーガニックなサウンドは人々の心を癒してくれます。

Jack Johnson – Live 2018 [Full Set] [Live Performance] [Concert] [Complete Show]

Ino
Ino

最後はライブ映像でお別れです。
ありのままの自分で。
日常のささやかな幸せを感じて生きていく。
ナチュラルライフを初めてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧