サーファー専用!BROS BRAND ビーチタオル!

はじめに

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂浩平です。このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。
僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、映像ではなく記事としても書いていこうと思ってます。

動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。何かお役に立てたら嬉しいです。

プロの公式試合を引退、メディア活動を選択!

この度BROS BRANDビーチタオルを作りました!
って言われても何がなんだか分からない方もいらっしゃると思いますので、
まず始めに僕たちKumeBro’sそしてBROS BRANDについてお話しさせてください。
僕、粂浩平は粂家の次男坊で、二つ上に兄の粂悠平がいます。
僕たち兄弟は、揃ってプロサーファーの資格を取得してプロサーファーとして活動しています。
プロ資格取得当時は、サーフィンのプロツアーに出場して一年中大会に出続けていました。
そんなプロ生活を送っていたのですが、元々大会が嫌いだった兄と、(時間に縛られてサーフィンするのが嫌だって昔から言ってました。笑)左足首の靭帯を損傷した弟のタイミングが重なり大会から軸足を抜くことにしました。
大会から離れ、プロサーファーのあり方を考えたときに、大会に勝つだけがプロってことでもないな。と僕自身考えて、メディア活動をスタートすることにしました。
その時に兄も誘ってスタートしたYouTubeチャンネルが【KumeBro’s】でそこから僕らKumeBro’sの活動がスタートします。

なぜビーチタオルなのか?

KumeBro’sがスタートしてから、たくさんの方々にYoutubeを見てもらえるようになり、海に行けば「いつも見てるよ!」って言ってもらえる機会も増えました。
そんなある日、視聴者の方から「グッズを作ってほしい」って声をいただく機会があり、自分達のグッズを作って喜んでもらえるのなら、そんな嬉しいことはない。
そう思いビーチタオルを作ることにしました。
なぜビーチタオルだったのか?
理由は至ってシンプル…僕はタオルが大好きなんです。
基本的にサーフボードは白、ウェットスーツは黒、とサーフィンに関わる大きな2つのアイテムは単色の一色で出来ています。
サーフトリップに行くときに何か色物を入れて自分の個性を出したり、カラフルな物を持って気分を上げたいと思っていました。
サーフトリップに持っていくものでカラフルなもので…そう思ったときにタオルは使えるな!と思い、そこからビーチタオルにこだわって自分の好きなブランドのものを購入していたんですよ。
でも基本的にタオルってバスタオルを前提とし作られるのでサーフィンに使うってことに重きをおくともっと改善点があると思っていました。
そんな事を思って月日は経過したんですが、今回グッズを作る機会がありましたのでビーチタオルを作ることにしました。

BROS BRAND

ビーチタオルを作った第一弾はKumeBro’sといえばのロゴデザイン。ボックス型のチェックの中にKumeBro’sと入ったシンプルなデザイン。

このビーチタオルにすごく多くのこだわりを凝縮させ作り上げました。自分で作って思ったんですけど…「これって普通にサーフィンする時のタオルとして最強じゃん」
と自画自賛してしまうクオリティ。
しかしKumeBro’sのシンボルマークにしてしまうと、KumeBro’s好きにしか買ってもらえない。
それではは勿体無いぐらい性能が良かったので、第二弾ではBROS BRANDという名前でビーチタオルをリリースする事にしたんです。
KumeBro’s好きじゃなくても使ってもらいたいと願いを込めて。

BROS BRANDビーチタオルの性能

僕たちが作るビーチタオルはサーフィン専用です。
一般的なビーチタオルとは異なりますが、サーフィンをする際に最適に使えるように考えています。
一番のおすすめポイントは「シャーリング加工」です。

シャーリング加工

シャーリング加工とは?
タオルのパイル地の片面をスパイラルカッターで毛足を1/3から2/3刈りビロードのようにする加工をシャーリング加工といいます。
ループが均一に立ち上がらないと生地全体が均一になりませんので手間と高度な技術のいる作業です。良質のシャーリングタオルはパイルを切ることでふんわりと広がり繊維1本1本の間に空間ができ、毛細管現象が起こりやすい状態になります。水を引き込む力が増すので、吸水性は高いのです。
一般的に使われているのは「パイル生地」なんですがあえて片面を切り落としてシャーリング加工を行なっています。
その理由は軽量化と砂が絡みにくいからです。
一般的なパイル生地タオルは、糸がループしているので糸と糸の間に砂が絡みやすくなります。
その為海で使うと砂が絡むことが多くありました。
僕が作ったBROS BRANDビーチタオルはシャーリング加工されているので、糸が短くなっていて糸と糸の間に砂がそもそも絡みづらくなっています。
仮に絡んだとしても、数回タオルを払ってもらえば絡んでいた砂が取れるようになっています。
そして軽量化。
毛並みが短いので軽量化され、コンパクトに畳むことができます。
サーフトリップに行くときは様々なアイテムを持っていきます。
全てがコンパクトの方が身軽に行動できるので軽量化することはサーファーにとって嬉しい1ポイントだと思います。軽量化されているタオルは女性にも優しいので是非お試しください^^

↓↓ ご購入はこちらから ↓↓

https://kumebrosshop.thebase.in/

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_link

↓↓ 粂浩平の過去記事はこちら ↓↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧