『魅せる』に特化したサーフィンの大会のDX支援!KNOT online contestの優勝者が決定!!

プレスリリース:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000071958.html

Cover photo by KENYU

株式会社アイスリーデザイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:芝陽一郎 以下アイスリーデザイン)は未来のサーファーの成長を支援する、まったく新しいオンラインとオフライン融合大会【KNOT online contest】の事務局(本部:東京都渋谷区、以下事務局)として2021年4月2日より大会を開催致しました。総エントリーは170名にも登りました。

予選から選ばれたTOP8に選ばれた選手は、7月より波の待機を行い9月末の台風スウェルにて、先日茅ヶ崎某所にて大会を無観客観戦のもと開催・収録をし、後日アイスリーデザインのオフィスにて結果発表の収録をしました。

今回のTOP8では、飯田 航太選手、小嶋 海生選手、仲村 拓久未選手、松下 諒大選手、加藤 翔平選手、松本 浬空選手、矢作 紋乃丞選手が選出され、予選2位だった伊藤選手は試合の為欠場。急遽オートネーションから宮城 和真選手が繰り上げられました。

選出された選手達は、普段JPSA(日本プロサーフィン連盟)でもトップシードのベテラン選手もおり、今大注目のトップアマ若手(大会開催後にプロ認定)と、個性豊かな選手達が日本各地から集まりました。

Cover photo by KENYU

ファイナルヒートでは、ベテラン小嶋 海生選手に対して後半に向け徐々にエンジンをあげていっていた、飯田 航太選手が優勝者となりました。

Cover photo by KENYU

決勝戦のヒートで繰り広げられた、彼のライディングは観る人を魅了させることと思われます。
選手達のインタビューは、オフィシャルメディアパートナーであるQUIIVER(https://surf.quiiver.net/)にて公開中です。

■大会の結果動画が只今絶賛公開中!

今年1番の、台風スウェル”ミンドゥル“と呼ばれる台風16号が、海外トリップへ行ける最後の一人を決める“KNOT online contest”本選の開始を告げる狼煙をあげました。
”魅せる”サーフィンで、新しい試合を楽しむ様子を見た視聴者は下記コメントを寄せています。
サーフィンをやらない方にも面白い”

まるでサーフィンの格闘技のようだ”

“フィギアスケートのようにエンターテイメント”

“これは、日本のサーフィン界が変わる”

感動のクライマックスは、きっと胸に熱いものを感じることと思います。
思わず、動画の前でスタンディングオベーションしてしまう、エキサイティングな動画を是非チェックしてください。

■優勝トリップについて
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を受け、2022年春頃を予定しています。
今回優勝した、飯田 航太選手とオンラインコンテストにていいね賞を勝ち取った平原 颯馬選手の2名。

そして、審査員を務めた大橋 海人プロ、村上 舜プロ、小林 直海プロ、森 友二プロは世界のトップサーファーと海外にて優勝トリップに行き、映像として公開します。

■KNOTが目指すビジョン

“KNOT”は結び目。
このKNOTを通し、現役のトッププロ、若手キッズ、各企業、そして応援するユーザー様の
ご縁をつなぎ日本のサーフィン業界を盛り上げていきます。
今年は、9社ものスポンサー企業の皆様にご支援いただきました。(スポンサー情報は、オフィシャルサイトをチェック)
”KNOT online contest”は来年度も開催予定!
スポンサー様も絶賛募集中です。

詳しくは事務局までご連絡を→knot@i3design.co.jp

■KNOT online contestについて
https://www.knot-contest.online/
プロサーファー大橋海人選手のアイディアに賛同したアイスリーデザイン代表取締役CEOである芝陽一郎と、長年サーフカルチャーを支えてきた、株式会社ムラサキスポーツのマーケティングマネージャーである、嶋田俊一郎の3人が発起人となりこの大会を開催致します。
この大会は、全国の若手育成とフリーサーフィンを、日本中に広げることを目的としたオンライン活用型の新しいスタイルの大会になります。優勝者は2名を選出します。
予選はInstagramを活用し、オンラインの動画投稿方式で実施。公式インスタグラム上で“いいね票”が一番多い選手1名は、問答無用で優勝トリップに行けることになります。
投稿された動画は4名の審査員によって芸術点、技術点等から審議を行い、本選に進むトップ8人の選手を選出。神奈川県茅ヶ崎市の海で、無観客にて本選を行います。
賞金に代わり、世界のトッププロと審査員4名とインドネシアでセッションの機会を贈り、その様子をドキュメンタリー映像と写真集として残していきます。
本件に関するお問い合わせはKNOT online contest 事務局まで→knot@i3design.co.jp
 

■大会概要
主催:KNOT online contest事務局
後援:茅ヶ崎市、茅ヶ崎サーフィン協会、NSA茅ヶ崎支部
<スケジュール>      
4/2(金):大会告知・オンラインエントリー開始
6/15(火):オンラインエントリー終了    
6/16(水)〜6/22(火):予選審査期間
6/29(火):本選進出選手発表 
8月某日:U15部門国内トリップ
7/1(木)〜10/31(日):本選
※本選期間で波の待機を行い、一週間前告知。本選は無観客にて収録を行い、後日審査員、MC、解説者を交えた番組として配信し、優勝者を発表します。
2022年3~6月:優勝トリップ

◆クラウドファンディング“READY FOR”にて300万円達成!
https://readyfor.jp/projects/KNOTonlinecontest
わずか3日で、目標金額の100万円を達成し、ネクストゴールに挑戦中のクラウドファンディングも無事目標達成しました。
沢山のご支援をありがとうございました。

◆大会の進捗・コラムの提携先を募集しています!
KNOT online contest 事務局では、大会の進捗・コラムを提供する提携・協業媒体を募集しております。こちら(knot@i3design.co.jp)までお問い合わせください。
 

【アイスリーデザインについて】
https://www.i3design.jp/
i3DESIGNは、ビジネスとデザイン、テクノロジーの力で新規事業ならびにイノベーションを創出するDX支援企業です。そして、デザイン思考でデジタルサービスを創出するテクノロジー企業です。新規のデジタルサービスの創出、イノベーション支援、アプリ、ウェブサービスのコンセプト設計、UI/UXデザイン、開発からグロースまでを一貫して行います。大切にしているのは期待を超えた価値を提供すること。世の中にインパクトを与えて人々の生活をより豊かにすることが我々のミッションです。
 

【QUIIVERについて】
https://surf.quiiver.net/
プロサーファーやフリーサーファー達の直筆のコラム、ライフスタイル、オリジナル動画、音楽などを提供するサーフメディアです。この度KNOT online contestのオフィシャルメディアパートナーとなります。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
KNOT online contest 事務局
担当:猪野
平日 : 10:00~17:00
e-mail:knot@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧