確かな実力を持った美女サーファーMalia Manuel

アメリカ合衆国カイルア島のワイルア地区出身のマリア・マニュアル。
この見た目の美しさに加えて、実力も確かなプロサーファーです。


2008年、14歳で全米オープンサーフィンで優勝した史上最年少のサーファーとなり、2012年、ASPではルーキーオブザイヤーを獲得。
2014年は、ASPワールドツアーで5位にランクされました。

今現在も、WSLのCTサーファーで2019年度のランキングは9位になります。

身長が167㎝と長身なので、サーフィン姿もすらっとしていてカッコいいし、女性らしく美しいですね!
手足が長いだけではなく、非常にグラマーなのも魅力的なところです。

最後は、オアフ島ノースシェアでのライディングでお別れしましょう。

チャーミングな笑顔に思わず、きゅんとしますね!

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧