少しでも楽にウェットスーツの脱着を楽に!!「サーフポンチョ」 【KumeBro’s 粂悠平】

はじめに

こんにちわ。

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。

このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、ここでは映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。

動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。

何かお役に立てたら嬉しいです。

さあ、本日も行ってみましょう。

エピソード

僕はビーチタオルの他にサーフポンチョというカッパをタオル生地で作ったような着るタオルをサーフィンする時には持っていきます。

なぜサーフポンチョを今回紹介しようと思ったかというと

先日、初めてサーフィンをした初心者の友人とのエピソードがきっかけです。

初心者がサーフィンを始めるのに一番最初にぶつかる難関はウエットスーツの脱着です。

ましてや外で着替えるとなるとさらに大変になります。

更衣室があればいいのですが、どこにでもあるとは限らないのでバスタオルを巻いて着替えますよね。

それがなかなか大変、、、初心者の友人は巻いたタオルが気になってうまく脱げなかったんです。

頻繁にサーフィンしてる方でも外での着替えは大変なのに、初心者の方なら尚更一苦労すると思います。

そんな姿を見てポンチョをもっと多くの方に知ってもらえたら、より簡単にウエットスーツの脱着が行えてサーフィンを楽しんでもらえるなっと思ったんです。

サーフポンチョが便利な3つのポイント

サーフポンチョはどんな人、どんな状況で便利なのかを僕なりにいくつかまとめてみました。

1.車で海に向かってサーフィンを楽しむ方
・多くのサーファーは車移動なので外で着替えることが多いです。さっとサーフポンチョを被れば人の目を気にせずに着替えることができます。

・上がった時にポンチョを着ればウエットを脱がずにちょっとした食事や水分補給ができる。
(上半身だけでもウエットが脱げると体も楽になり休まります)
・車でのポイント移動をウエットスーツを脱がずにできる

2.外気温が下がる冬場
・外での着替えの大敵は外気温
体温が下がると力も入りにくくなりどんどんウエットスーツが脱ぎにくくなります。
上半身を脱いでから上着だけ先に来て着替えるなんて方もいると思います。
そんな時、サッとポンチョを着れば暖かく快適にウェットスーツの脱着が出来ます。ぼくは冬のサーフィンにはポンチョはマストだと思っています。

特にフード付きのポンチョは寄り保温性が高いですよ。

・着替え終わったあとの冷えた体を暖める
洋服を着た後にポンチョを着れば、体を暖めることができるのでオススメです!

3.女性のウエットスーツ脱着にはマストアイテム
女性の場合は着替えがポンチョを使用することで劇的に着替えが楽になると思います。

粂悠平が使用しているサーフポンチョ

僕が愛用しているのは、globeのフード付きぽんちょを使用しているんですが、勿論このポンチョでなければダメというのは無いと思います。

どれも使用用途がありますので、自分に合ったポンチョを選ぶのが大切だと思います。

タオル変わりになるようなコットン素材、乾きの早いマイクロファイバー、ジップ付きポンチョ、デザインが可愛いポンチョなどさまざまあります。

一つアドバイスすると、フード付きのポンチョがオススメです。冬などは防寒にも優れてますし、保温性が圧倒的に高いです。

着替えてる間に、髪の毛の水分を吸ってくれるのもいいですよね。

必要なければ被らなければいいので、フードがあって不便はないと思います。

こんな人には合わない

普通のタオルより大きいので手荷物としてかさばります。
タオルが大きいので洗濯が大変ですし、乾くのも少し遅いです。

最後に

僕がポンチョを使用するきっかけになったのは嫁とサーフィンに行ったことです。

ぼくは普段普通のタオルを巻き付けて着替えていたんですが、女性が外で着替えるのにはポンチョがいいと聞いたんで買って行ったんです。
その時に僕も使ってみたんですけど、、、

使い勝手の良さに衝撃受けました。

ウエットスーツの着替えを楽にするのはもちろんなんですが、海上がりの体温低下を防ぐこともできますし、冬の着替えがなんといっても劇的にに楽になりました!!

ぼくは夏の時期でもポンチョを多く使用するんですが、朝夕など少し外気温が下がった時に、サーフポンチョを羽織って波チェックなどをします。

上着を持っていくと、荷物がかさばるので上着代わりにポンチョを使用します。

これもとてもおすすめです!!

サーフィン行った時に周りを見てもまだサーフポンチョを使用している方のほうが少ないので、ぜひこれを見て試してもらいたいですね!!

それで怪我のないようサーフィン楽しんでください。粂悠平でした。

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_lin

↓↓ 粂悠平さんのSNSはこちら ↓↓

↓↓ 粂悠平さんの過去記事はこちら ↓↓


QUIIVER編集部より

QUIIVERでは今後も、この様にサーフアイテムを紹介していきたいと思ってます。
リクエストなどがありましたら気軽にコメントを下さい。

またこの企画に賛同してくださるメーカー様や企業様がいらっしゃいましたらこちらの宛先までお問い合わせ下さい。

各プロサーファーのレビューのもと、記事にてご紹介致します。
QUIIVER編集部
担当:猪野
mail : quiiver@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧