【KumeBro’s 粂悠平】一番いいコンディションでサーフィンするためのアイテム「タイド付きウォッチ」

はじめに

こんにちわ。

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。
このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、ここでは映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。
動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。
何かお役に立てたら嬉しいです。

さあ、本日も行ってみましょう。

波の情報の入手方法って?

早速なのですが、皆さんはその日のコンディションを、しっかり見極めて1番良いタイミングで海に入るために意識していることはありますか?

うねりの向き、風向きとありますが、

その中でも多くの方が気にされるコンディションの変化は潮回りじゃないでしょうか?

僕がサーフィンする時必ずチェックをするのが潮回りです。

僕は潮回りを制するものは、その日のサーフィンを制すると言っても過言ではないと思っています。

YouTube撮影のタイミングは引き込みなのか上げ込みなのか?

うねりが上がるタイミングの潮回りはどうなのか?

この潮回りでこのうねりの大きさならどのボードを持っていこうか?

と、必ず潮の動くタイミングを確認してから道具や海に行くタイミングなどを決めます。

地形の深いポイントでは、引き潮のタイミングでしか波がブレイクしなかったり、ワイドな波が多ければ、少し潮が満ちれば波に乗りやすくなったりと波のコンディションは潮の満ち引きによって大きく左右されます。

ではみなさんはどのようにしてその日の潮回りを確認していますか?

1番多いのは「波情報で確認する」ではないでしょうか?

”海行く日の前の晩に、波情報で潮回りを確認して海に入る時間帯を決める。”

100点です!

潮回りを確認してそれに合わせて動いている方はその日の1番いいコンディションでサーフィンできている可能性が高いです。

ですが粂悠平方式を取れば120点を狙いに行けます!!

この20点を追加する

ために必要なのが今日ご紹介するアイテムのタイド付きウォッチです。

粂悠平がお勧めするアイテム「タイド付きウォッチ」

僕が海に入る時に使う時計はタイド付きの時計で、時刻と潮見表が一緒になったサーファー必須の時計です。

粂悠平が実践するタイド付きウォッチの使い方

ここで少しだけ、潮回りについて触れておきますが、潮回りには、引き潮と満ち潮があります。
朝海に入る前に波情報でその日、波高、風向き、潮回りを確認し海に向かいます。
海に入ってからがタイド付きウォッチの出番です。
波がいいのは潮が動いている時間、例えば引き潮が10時だったらコンディションが上向くのは時間は9時と11時だとします。
9時と11時に集中するためには時計で時間と潮の動きを見て体力を温存する必要があります。
9時に入って、10時には軽くサーフィンして、11時に集中してサーフィンする!
このような練習方法をしています。

しっかり時計で時間と潮の満ち引きを確認することで効率よくサーフィンを楽しむことができます!!

粂悠平が使用しているタイド付きウォッチ

G-SHOCKのタイド付きウォッチを使用しています。
僕は海以外でも使用するのでG-SHOCKのこの形がかっこよくて使用しています。
過酷な環境にも耐えれるよう、丈夫に作られているのでそう言ったところも気に入っています。
僕は今回は、G-SHOCKをお勧めしてますが、各ブランドからタイド付きウォッチは販売されているのでどれを使ってもいいと思います。

こんな人には合わない

僕が使用しているG-SHOCK定番の形は少しごつめなので、テイクオフなのどの時に少し違和感があります。
サーフィンに適しているのは、時計自体が少し薄めになっているのがいいと思います。

最後に

潮回りでのコンディションの変化は地形によって大きく変わります。

一概に引き潮がいいとは言えませんが、多くのポイントでは潮の動く時にコンディションが上向きます。

僕は必ず、その時間帯を狙って入るようにしています。

家族サービスのあるパパさんサーファーは、潮回りをしっかり把握して、潮の良い時間にサーフィンして遅れないように、自宅に戻り家族サービスなんていうのにもタイド付きウォッチは使えますよね。

あとは、コンペティション(試合)に出ているサーファーには、タイド付きウォッチはますとだと思っています。

試合では、時間が決められています。
時間配分や、試合運びなどの練習には時計はマストです。
潮の引いてる時、潮の満ちている時どのように練習するかで、落ち着いた試合運びができると思います。

少し値段は上がりますが、時計購入を考えているのなら僕はタイド付をお勧めします!

それでは怪我のないよう、サーフィンしましょうね!

粂悠平でした。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧