サーフィン後のリラックスするポーズ2

サーフヨギーのMarです!

前回に引き続き
サーフィン後のリラックスするポーズの第2弾をご紹介します!

特にこの時期は気温や海水温も下がってきて、怪我が多くなる時期です。

サーフィン後って特有の心地良さがあって、ついつい何もしなくてリラックスしていますが、それにプラスしてケアしておいて損はないはずです。

怪我の予防はもちろん、疲労を溜めない身体づくりを目指して、動いた後は筋肉をしっかり休ませてあげましょう。柔軟性の向上にも役立つと思いますので是非取り入れてみてください。

1,スプタヴィラーサナ

足を伸ばして座り、片ヒザを曲げて仰向けになります。
前モモの伸びを感じるところで深呼吸をします。
可能であれば両ヒザを曲げるとより強いストレッチになります。

※キツさを感じる方は、両手をお尻の横に着くか、両ヒジを着くようにし、伸びの負荷を調整しながら少しずつ深めましょう。

1分30秒~3分ほどキープ

このポーズは足のむくみを解消し、心身の回復力を高めます。

2,アグニスタンバーサナ

あぐらになります。

両足のヒザと足首が重なり合うようにし、カカトを押し出すましょう。
吸う息で背筋を伸ばして、吐く息で前屈をしまします。
上から見たときに、スネの角度が平行になるほど伸びが強くなります。

※上のヒザが浮く場合は、キツすぎないところでまずは呼吸を続けましょう。

片足ずつ30秒~1分ほどキープ

このポーズは股関節や鼠蹊部のストレッチに効果的です。

3,真珠貝のポーズ

足裏を合わせて座ります。
合わせた足を内側がひし形になるように前に出しましょう。
両腕を脚の下に入れて足先を覆い、吐きながら深く前屈し腕も深く脚の下を通す。頭を下げ、腰を丸めます。

1分~3分ほどキープしましょう。

このポーズは腰回りの緊張を和らげます。

4,パルヴリッタジャーヌシルシアーサナ

片ヒザ曲げて座り、カカトを身体の真ん中に置きます。もう片方の足を横に伸ばして、吸いながら反対の手で足先を掴むように体側を伸ばします。もう片方の手は足の持てるところに。

※この時足先を、掴めなくてもOKです。

呼吸を繰り返しながら吐く息で伸びを感じます。

1分~3分ほどキープしましょう。

このポーズはいつ行っても良く、背中、腰、モモの裏側がストレッチされます。

だんだんと冬が近づいてきます。身体を動かすのが億劫になりがちな時ほど、暖かい場所で普段よりも多めに身体のケアをしてあげましょう。

お白湯や生姜湯など、暖かい飲み物を飲みながらゆっくり行うと、心もホッと一息つけますよ。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧