使い方無限大!椅子付きバックパック!【KumeBro’s 粂浩平】

エピソード

サーフィンに行く際に、タオルや飲み物、食べ物、携帯、椅子、などなど持って行きたいなと思う事ありませんか?

持って行きたいとは思うけど、飲み物と携帯を一緒にすると濡れてしまうし、それに椅子まで持って行ったらそれだけで荷物の数が増えてしまって、結局持って行かなくていいや。なんてこともしばしば…

でもそれをいっぺんに持って行ける!そんな便利アイテムがあったら良くないですか?

しかも椅子まで一緒に持っていけたら、一緒に海へ遊びに行く家族や、彼女、お父さんお母さんはサーフィンしている姿を座りながら見れちゃいますよね?

今回はそんな思いを全て叶えてしまう、パイプ椅子一体型の保冷バッグ「DS Pipe Chair Cooler Back Pack」をご紹介します。

DS Pipe Chair Cooler Back Pack

¥7,800 +(税)

パイプチェアーにバックパック式のクーラーBOXがセットされています。

もちろんチェアーとクーラーバッグがセパレートにもなります。

ビーチでパラソルを立てて一日中波乗りを楽しむ際のお供として大活躍間違いなし!

サイズ:36*36*42cm

前面の扉がフルオープンにあくので2Lペットボトルまでらくらく出し入れが可能です!

http://www.beachculture.co.jp/products/destination/ds-pipe-chair-cooler-back-pack/

(Beach Culture カタログより)

そうなんです!このバックパックは椅子と一体式なんです。

豊富な使い方4選

1、バックとして荷物を運べる

まず一番の使い方としてはシンプルにバックパックとして必要なものを入れて海に持っていく事ができます。
そしてこのバックパックタイプというのがキーポイントになります。
サーファーの方は海に行くとき確実にサーフボードを持ちますよね?
そういったことから、必然的に片手が塞がってしまいます。
もう片方の手でリーシュコードなどを持ってしまったら、もう荷物を持つ事が困難になってしまいます。
そこから椅子を持つなんて以ての外…バックパックタイプにする事で荷物をしまって手が塞がる事なく運べるのがメリットです。

そしたらパラソルとかも持っていけますね!

2、保冷バックになる

参考URL:http://www.beachculture.co.jp/products/dena-baystars/dena-baystars-pipechair/

バックの中は保冷効果のあるビニール素材になっているので、冷たい飲み物を入れておけば海上がりでも冷えた状態で飲むことが出来ます。

ペットボトルや缶は一定時間外に出しておくと、結露してしまい濡れてしまいます。

その濡れたペットボトルや缶を布バックの中に入れるのは少し抵抗がありますよね?このバックパックはビニール素材なので濡れた物を入れても外側まで濡れる事がないので安心してしまう事が出来ます。

また500mlのペットボトルが8本入る大容量な為、家族分の飲み物も持ち運び可能。この量をクーラーボックスで持ち運ぶとなるとそれなりの重量になってしまうので、背負うことのできるバックパックは持ち運びにもオススメです!

でも、中がビニール素材で濡れてしまったら他の道具を入れれないと思われているそこのあなた!

このバックパックは、前側、後ろ側、両サイドに収納できるスペースを完備。前側にチャックが付いていて携帯や車の鍵などを分けて入れることも出来ますし、後ろ側には大きめのセパレートスペースがあるのでそこも使用可能。

両サイドにはポケットが付いているので小物の収納が出来ます。

中に飲み物を入れる時は、収納スペースをうまく使う事で濡れずに道具を持ち運び可能です。

3、椅子になる

そして最大の特徴でもあるのが椅子が一体型になっていて座れる。

飲み物を入れて、アイテムも入れたバックパックに座れる事ができる2ウェイ!

1人でサーフィンに行く方も活用方法は様々ですが、是非活用して頂きたいのはご家族で海に行かれる方や、奥さん、彼女さん、そしてお父さんお母さんと海に行かれる方には本当にお勧めです。

実際に僕の奥さんも仕様したり、チームKumeBro’sのカメラマン カイは愛用しています。

僕が海に入っている間カイはこの椅子に座りながら撮影をしています。暑いときはそのまま中から飲み物を飲むことも出来るし、飲み物が不要な時はビデオをもう一台入れたりしています。

最近はキッズサーファーが増えてお父さんお母さんがキッズ達のビデオを撮っている場面をよく見かけます。

ビデオを持って、三脚を持って、椅子を持って、子供達の飲み物を待つとそれだけで両手が一杯になります。

このパイプ椅子一体型の保冷バッグ「DS Pipe Chair Cooler Back Pack」を使用すれば全てまとめる事ができるので是非使用してもらいたいです。

耐荷重は記載がありませんでしたが、パイプ椅子はしっかりしているので大人の男性が普通に腰掛けても問題ありません。

4、バックと椅子がセパレートになる

写真はこちらのURLから画像使いました(http://www.beachculture.co.jp/products/dena-baystars/dena-baystars-pipechair/)

このDS Pipe Chair Cooler Back Packはバックパックとパイプ椅子がセパレートになっているのでシーンに合わせて使う事が出来ます。

例えばハイキングなど座る事がない時はパイプ椅子を取り外してバックパックとして使用できるし、お庭でバーベキューなどする際はバックパックを取り外して椅子として使用することもできます。

使わない時は取り外す事でさらに使い勝手が上がります。

使い道はサーフィンだけじゃない。

ここまで様々な使い方があると使いどころはサーフィンだけじゃないです。

今はご時世的に難しいですが、野外フェスやテーマパークなどでも荷物を持っていけるし疲れたら一休みも出来るのでかなり便利です。

特にお父さん達は疲れた時に座れないなんて状況もよくあるかと思います。笑

また今はアウトドアブームなのでキャンプなどにも大活躍します。

皆さんの一番いい使い方が出来るのもこのDS Pipe Chair Cooler Back Packの良いところです。

カメラマン カイが撮影中に愛用している写真

最後に

保冷バックとなっていますが、使えるのは夏場だけではなく冬場も活躍します。
中がビニール素材で出来ているので保温も可能な仕様になっています。

冬場の海は風が冷たかったりするので、暖かい物を入れておけば暖かい状態で飲む事が出来ます。

僕たちのチーム員でもあるカメラマン カイは「マストアイテム」になっているDS Pipe Chair Cooler Back Packなんですが、是非カメラマンやカメラマンお父さん、お母さんに使用してもらいたいです。

サーフィンは平気で2、3時間練習する事があります。その時に冷たい飲み物や暖かい飲み物があるとより快適にビデオも撮る事が可能になります。そして立ってビデオを撮っている方々も見かけますが、その時間立ってビデオを撮っていると疲れてしまって取り逃がしてしまう。なんて事もあります。

カメラマンも快適に撮影出来た方がより良いものが撮れるのでサーファーもカメラマンも様々な方のシーンに合わせて使えるので是非チェックしてみてください。

↓↓↓ 粂浩平さんのSNSはこちら ↓↓↓

↓↓↓ 粂浩平さんの関連コラムはこちら ↓↓↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧