• HOME
  • コンテンツ一覧
  • Surf
  • 『魅せる』に特化したサーフィンの大会をDX支援!KNOT online contest事務局がクラウドファンディングを開始

『魅せる』に特化したサーフィンの大会をDX支援!KNOT online contest事務局がクラウドファンディングを開始

株式会社アイスリーデザイン(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:芝陽一郎 以下アイスリーデザイン)は未来のサーファーを後押しするオンライン大会【KNOT online contest】の事務局(本部:東京都渋谷区、以下事務局)として2021年4月2日より大会を開催します。
さらに、大会開催資金の一部を、クラウドファンディングサービス”READYFOR” にて募集開始いたします。

▽「未来のサーファーを後押しする、オンラインでの新たな大会を開催したい!」▽
https://readyfor.jp/projects/KNOTonlinecontest

新型コロナウィルスの拡大による緊急事態宣言の発令とそれに伴う外出の自粛、止まらぬ感染増加に翻弄された2020年。

飲食業のみならず、その波はスポーツ業界も飲み込み、その波はサーフィン業界も巻き込み、試合の中止など、選手たちも様々な影響を受けてきました。
サーフィンが東京オリンピック公式種目になり、コロナ禍で各スポーツの大会開催が新しい形が注目されるこの時期を転換期と捉え、新しいルールでの”魅せる”に特化したサーフィン大会を開催する事となりました。

|これまでの課題
これまでのサーフィン大会は、エントリーの費が掛かるということが選手の負担になってきました。
また、優勝することが世界への門出につながるかというと、必ずしもそうではなかったのが現実です。 
本大会では、エントリー費を無料にし、プロアマ、年齢、性別も問わず誰もが挑戦しやすい環境を用意しました。

|このプロジェクトのキッカケ
デザインとテクノロジーの力でビジネスを構築することを得意とするアイスリーデザインは、オウンドメディアとして”QUIIVER”というサーフメディアを運営しております。
世の中が急速にデジタル化していく中で、スポーツ業界のDX促進が必要になってくると考えていた【デジタルサービス創出支援企業i3DESIGN CEO】 芝陽一郎、世界チャンピオンになれる選手がなかなか出せない環境に課題を感じていた【プロサーファー】大橋海人、そして長年サーフカルチャーを支えてきた【ムラサキスポーツ・マーケティングマネージャー】嶋田俊一郎の考えが一致し、3人がディスカッションをすることで、かねてより抱えていたサーフ業界の課題がより鮮明になりました。 そしてこの3人が発起人となり、この問題点を解決していくべく、本大会を企画、開催することになりました。

|このプロジェクトが生み出す未来
さらに、審査員にはこれまでも競技サーフィンにおいて結果を残してきた、現役の国内トッププロサーファー4名(写真左上から大橋海人、村上舜、小林直海、森友二)の参加が決まりました。

本戦で優勝した選手には賞金に代わり、優勝特典である世界のトッププロとのサーフトリップする機会が与えられます。


これによって、世界トッププロとのコネクション、国内トッププロからの直接の指導、大会優勝のステータス、第二回大会での審査員枠、知名度アップ、スポンサーとのコネクションが得られることになります。
これにより選手達は練習に集中する環境を手に入れるチャンスができ、その結果、世界を舞台にした試合においても日本の名前を残せるよう近づける事になります。

ここで優勝することは、その先の未来へつながるような仕組みになるのです。

KNOT online contestの、”KNOT”は結び目を意味します。
私達はこの大会で沢山の人、物事、チャンスなど様々な縁を結ぶことで、未来のスターを輩出したいと思っています。

◇未来のサーファーを後押する、オンラインでの新たな大会を開催したい!の概要
■募集期間:2021年 4月 2日(金曜日)~2021年 5月30日(水曜日)
■活動母体:KNOT online contest事務局
■実施サイト:READYFOR
■掲載URL:https://readyfor.jp/projects/KNOTonlinecontest
■内容:この大会は、全国の若手育成とフリーサーフィンを日本中に広げることを目的としたオンライン活用型の新しいスタイルの大会です。
予選はInstagramを活用し、オンラインの動画投稿方式で実施。
投稿された動画は4名の審査員によって芸術点、技術点等から審議を行い、本戦に進むトップ8人の選手を選出。本戦会場は茅ケ崎市の海で行います。

本戦で優勝した選手には賞金に代わり、世界のトッププロと審査員4名とインドネシアでセッションの機会を贈り、その様子をドキュメンタリー映像と写真集として残していきます。 

◆ご支援に対するリターン例
優勝選手からお礼メッセージメールの他、大会オリジナルTシャツ、デッキパッド、リーシュ、茅ヶ崎名産たこせんべいや、プライベートレッスン、大橋海人使用ショートボードなど。バラエティ豊かなラインナップで揃えております。

◆大会の進捗・コラムの提携先を募集しています!
KNOT online contest 事務局では、大会の進捗・コラムを提供する提携・協業媒体を募集しております。こちら(knot@i3design.co.jp)までお問い合わせください。

【アイスリーデザインについて】
https://www.i3design.jp/
i3DESIGNは、デザイン思考でデジタルサービスを創出するテクノロジー企業です。新規のデジタルサービスの創出、イノベーション支援、アプリ、ウェブサービスのコンセプト設計、UI/UXデザイン、開発からグロースまでを一貫して行います。大切にしているのは期待を超えた価値を提供すること。世の中にインパクトを与えて人々の生活をより豊かにすることが我々のミッションです。

【QUIIVERについて】
https://surf.quiiver.net/
プロサーファーやフリーサーファー達の直筆のコラム、ライフスタイル、オリジナル動画、音楽などを提供するサーフメディア
この度KNOT online contestのオフィシャルメディアパートナーとなる。
 

【本リリースに関するお問い合わせ先】
KNOT online contest 事務局
サイト:https://www.knot-contest.online/
e-mail:knot@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧