衝撃を受けたサーフボード!チャンネルアイランド新素材スパイン【KumeBro’s 粂悠平】

はじめに

こんにちわ。

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。

このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、ここでは映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。

動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。
何かお役に立てたら嬉しいです。

さあ、本日も行ってみましょう。

エピソード

知ってましたか?
日本全国一年を通してブレイクする波の平均サイズは「腰〜腹」なんですって
実は僕も最近知ったんです。

ということは多くの人がサーフィンをする時スモールウェーブコンディションが多いことになりますよね、、、
スモールウェーブはサーフィンを始める方、ビギナーの方には練習しやすいコンディションでも、中級者から上級者には物足りない、、、

ではここ近年どうでしょうか?

スモールコンディション=がっかりする

というわけではなくなってきているように感じます。

その理由の一つとして、スモールコンディションでも楽しめるように多くのサーフボードが開発がされているからです。スポンジボード、クルージングツイン、小波用にデザインされたサーフボード、EPS、、、

これらのアイテムを適材適所で使い分けることでスモールコンディションでも楽しめるようになってきました。

開発されている多くのサーフボードの中でも僕が驚愕したアイテムを今回紹介しようと思います。

チャンネルアイランド独自の最新テクノロジー「スパインテック」

今回訳あって乗る機会があったチャンネルアイランド。
その中でも1番気になっていたのがこのスパインテックです。
チャンネルアイランド独自のテクノロジーは、多くの海外サーファーの支持を受けていたのでとても気になっていました。

スパインテックに乗った感想は、、、
お世辞抜きで今まで乗ってきたEPSの中ではダントツの機能性を感じました。

スパインテックの特徴は
・木製のストリンガーではなく新素材であるSPINE-TEKが搭載されている
・木製のストリンガーに比べて折れにくい
・従来のEPSよりもフレックス性のが高い
・軽すぎずしっかりとした乗り心地
・アクション性能が高い

実は、僕はEPSが苦手でした。
理由は僕のEPSのイメージは以下の点があったからです。
・乗り心地が硬い
・乗り心地がフワフワする
・アクションが軽くなりすぎる

力の無いスモールコンディションでは、EPS特有の浮力がよりテイクオフをアシストしアクション性を高めますが、それ故に乗り心地がフワフワし軽くなりすぎるという欠点がありました。
ですが、このスパインテック。ボード自体は軽いのにライディング時の乗り心地はある程度の重みがあるのでPU(ポリウレタン)から乗り換えやすかったです。

EPS特有の浮力感あるで走り出しは早く、ロースピードでのアクション性能も高く感じました。

そして1番感動したのがスパインテックにより、従来のEPSには出せなかったしなりが出せるようになっていたので、ボードのしなりを利用して次のセクションに進むことができました。

粂悠平的スパインテック3つの乗り方

1.自分で走らせようと頑張らずにボードの進む感覚を感じながらある程度ボードに任せる
2.アクションするときはPUの半分くらいの力で動かす
3.ボードにしっかり体重を乗せる

僕の使用したスパインテック

僕がチャンネルアイランドで選んだボードは小波用にデザインされたボードにスパインテックが搭載されたものなんですが、これが小波最強だと思いました!!
EPS最大の特徴の軽やかな走り出し、しっかりとした乗り心地、俊敏なアクション性、ボードのしなりが使える
僕の今まで乗ってきたボードの中では小波最強ボードです。

ブランドの回し者なんじゃ無いかと思うようなベタ褒めですが、それぐらい衝撃を受けました。

ですがデメリットもあります。

こんな人には合わない

・他のボードに比べてすこし値段が高くなります。
・強い風の影響を受けやすい。
・特にオフショアの時に風に煽られやすくなる。(多少の風は全く気になりません)

最後に

ぼくはスモールコンディションでのサーフィンが苦手でした。

ボード走らせるのが苦手なので、小波だと上手くスピードがつけられずアクションする時に無理やり板を動かすような感じでした。

今回紹介したスパインテックは、普段なら一回しかアクションできなかったのが2回3回と明らかにパフォーマンスが上がったのを実感できて、これがあればスモールコンディションでのYouTube撮影でも十分にサーフィンの映像を残すことができるなと自信がつきました!!

今はスモールコンディションでも楽しめるよう様々なボードがリリースされていますが、アクションするというショートボードの良さを存分に活かすためにスパインテックというのは僕にとって必須なサーフボードになりました。

それでは怪我のないようサーフィン楽しみましょう!
粂悠平でした。

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_lin

↓↓ 粂悠平さんのSNSはこちら ↓↓

↓↓ 粂悠平さんの過去記事はこちら ↓↓


QUIIVER編集部より

QUIIVERでは今後も、この様にサーフアイテムを紹介していきたいと思ってます。
リクエストなどがありましたら気軽にコメントを下さい。

またこの企画に賛同してくださるメーカー様や企業様がいらっしゃいましたらこちらの宛先までお問い合わせ下さい。

各プロサーファーのレビューのもと、記事にてご紹介致します。
QUIIVER編集部
担当:猪野
mail : quiiver@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧