日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部よりシェア

今回のコロナは世界的にも経済の大打撃を受けています。

かのリーマンショックを上回るこの大事件は第三次世界大戦とまで言われています。

日本政府は16日夜に開かれた政府対策本部で、緊急事態宣言の対象地域を5月6日まですべての都道府県に拡大すると表明し

人々は在宅ワーク中心になり。
アクティビティなるものの殆どが自粛になりました。
しかし休日、鎌倉へ沢山の人々が押し寄せビーチは混み始め
それらの映像は全国区で放送されてしまい問題視されてしまいました。

神奈川県を始め千葉県、を始め全国のサーフタウンはそれぞれ自粛が発表されました。

5月15日
一般社団法人 日本サーフィン連盟の
【緊急事態宣言の一部解除を受けて ~全日本選手権の開催について~】を受け
日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部は自粛の緩和を発表。

以下の文面が発表されました。

日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部員ならびに鎌倉でサーフィンを楽しまれる皆様へ
4月からの1か月以上の長い期間サーフィンの自粛にご協力を頂き大変ありがとうございました。 
鎌倉の海では、ほぼ99%の自粛が実行され鎌倉エリアのサーファーの意識の高さを示していました。
鎌倉支部では鎌倉市、神奈川県、神奈川県サーフィン連盟と協議を重ねた結果、スポーツ庁発信の『身体的及び精神的な健康を維持する上ではスポーツを行うことが必要です』を元に、皆様にご協力頂ていた海及び海岸利用の自粛の緩和を決定致しました。
もちろん緊急事態宣言中なのであくまでも個人の判断で健康のためという目的での短時間が前提です。
スポーツ庁発信の屋外スポーツのポイントを参考にした海岸での過ごし方のガイドラインに沿ってサーフィンを慎重かつ緩やかに再開してまいりたいと思います。
*体調管理を行う
*できるだけすいている時間に、密集、密接を避けることを心掛ける(人ごみを避けて一人で行う)
*海の中でもソーシャルディスタンスを保ち安全な環境確保に心掛ける
*砂浜で集団での滞在、滞留等は避ける
*海岸の美化に心掛ける
*行き帰りの際、どこも立ち寄らないようにする
*車の違法駐車はもちろんバイクの迷惑駐車もしない
*他の海浜利用者はもちろん、住民、市民、医療機関等への負荷がかかることのないよう感染防止、マナーを徹底する
大変に長い自粛から久しぶりに海に戻りますが、今も緊急事態宣言の最中という事を忘れずにそれぞれの心ある行動を心掛けましょう。
2020年5月15日

日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部

日本サーフィン連盟湘南鎌倉支部facebookより
Lily
Lily

1ヶ月以上の自粛からの緩和!
それぞれがルールを守って心ある行動を心がけたいものです

関連記事一覧