名前聞いただけで懐かしすぎる!Sean kingston

さて、音楽コーナーが無くて寂しいとお声を頂き
無くなったわけじゃないんですが、ちょっとサボり気味でしたので久しぶりにアップしてみましょう。

アメリカ合衆国出身フロリダ州出身ジャマイカキングストンにて育ったレゲエアーティスト。
おじさんに偉大なレゲエアーティストBuju Bantonを持っていることでも有名です。

ポップスからダンスホールまで幅広い彼のサウンドの代表曲”Beautiful Girl”アメリカのBillboard Hot 100の1位を3週にわたり取り続け、UKシングルチャートの一位にもなりましたこの曲を聞いたら、思い出す方も続出なのではないでしょうか?

ちなみにこの曲はBEN E KING の”stand by me”をサンプリングしています。

同じく有名な”Me Love”も、Led Zeppelinの”D’yer Mak’er”をサンプリング。

こちらはオーストラリアで爆発的な大ヒット曲となり当時人気絶頂だったファーギーを凌いで一位獲得をしていました。

ジャスティンビーバーとのこの曲も当時は、色んなところで流れていましたね。
(それにしてもジャスティンが若いw)

この曲で繰り返し使われているのは”Eenie meenie miney mo”というのは
日本語でもある”どちらにしようかな〜”というアメリカの音遊びみたいな感じです。

この曲で繰り返し使われているのは”Eenie meenie miney mo”というのは
日本語でもある”どちらにしようかな〜”というアメリカの音遊びみたいな感じです。

この当時このトラックの作り方流行りましたよね。

女子か!って突っ込むくらいの失恋リリック。
特にここ

Sayin’ that I look better if I was thinner
Don’t you know you shoulda love me for my inner

もっと痩せた方がいいんじゃないって言ってよ
中身を愛して欲しいのに

もう一回言います。
女子か!w

さあ、大分古いやつばかり紹介しましたが客演で出番は少ないですが比較的新しいダンスホールでお別れしましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧