ダンスホールのキング!Sean Poul

もはや、ダンスホールの世界で彼を知らない人は居ないのではってくらいその地位を確立したショーン・ポール。

ジャマイカのキングストン出身のショーン。
実は水球のジャマイカ代表に選ばれており、水泳でもカリブ海選手権でジャマイカ代表として出場してるくらいの実力の持ち主です。
裕福な家庭に生まれ育った彼は、大学を卒業した後は銀行員としてお勤めしてました。

しかし彼はアーティスト!ルーツとしてはレゲエなのですが、インスパイヤされたのはHIPHOP。
彼の作り出す音楽は当時は非常に新しくかっこよかったのです。


彼の名がジャマイカに知れ渡ったきっかけの曲はこちら

Ino
Ino

これは、’97に2Hard Recordingsレーベルから出たものです。これが大ヒットしました。

そこから、彼の名が広く色待ったこの曲。

Ino
Ino

この曲は全米で一位を記録し、当時クラブでかかると盛り上がる曲ナンバーワンでした!

正に2000年代のHIPHOP、R&B、レゲエシーンでは売れっ子であったショーン。様々なビックアーティストとのコラボが話題となりその一つのビヨンセとの曲もメガヒットでした。


その勢いは今でも衰えておらず、先月YouTubeにあげられた曲も既に111万回の再生回数を誇っております。

この時期の、聞きたいアーティストリストの一人でもあるショーン。
最後は私の大好きなアーティストの一人であるClean Banditとのフューチャーソングでお別れしましょう。
Clean Banditのクラシカルでダンスミュージックなサウンドとショーンの良さがマッチされた曲となっており。
MVも非常にドラマティックです。

関連記事一覧