美しさと抜群のスキルとセンスを持った Lakey Peterson

アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタバーバラ出身のレイキ・ピーターソンは
2019年WSL において今現在ランキング3位です。
ここ最近の彼女の勢いは凄まじく、トップにずっとおります。

スピードとアグレッシブさが凄まじく、芯の強さを感じます。

幼少期に両親たちと世界を旅している中で滞在したオーストラリアでの3か月間の生活で次々に波をつかむことが出来るので、地元ローカル達から”Lakey Legend”と呼ばれていたようです。(Wikipediaより)

一度、地元カリフォルニアに戻ってから暫くはサーフィンをやっていなかったものの、12歳でサーフィンをスタート。
それからの数年後16歳にはASPワールドクォリファイングシリーズに出ていました。

ここ最近では、我々日本が誇る企業資生堂もスポンサーシップをしており

余談になりますがこの日焼け止めは以前記事でおススメしたことがありますね。

特に、Ultimate Sun Protector SPF 50+はかなりおススメです。
オキシベンゾンやオクチノキサートが含まれていない事から、サンゴ礁や海洋生態系の保護を目的としている事も素晴らしいですし、何よりも汗や水に反応して紫外線防御膜を強化する「ウェットフォース」と暑い夏や暖かい場所など外部の熱の感知によってUVブロック膜が強くなる「ヒートフォース」技術を融合させた所もブラボーです!!!

話は逸れましたが、女子CTサーフィンも選手によってとても見ていて楽しいので、今後も応援していきたいです。

それでは最後はとってもカッコいいライディングの映像+αな動画でお別れしましょう!

動画の最後の方で、彼女の水着跡のついた引き締まった素敵セミヌードBODYが後半で見れるのですがアスリートならではのヘルシーさは見習いたいです。

関連記事一覧