今更だけど確認したい!冬のサーフアイテムって何が必要?【前編】

連休最終日。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
お正月休みで、暴飲暴食をしてしまった方もおられると思うのですが、この三連休で食べ過ぎてしまった胃袋を整えたり、緊急事態も発表された事からご自宅でゆっくりと体調を整えた方もいらっしゃるかもしれませんね。

さて、サーフィン初乗りはされている方もいるかと思うのですが本日は冬のサーフアイテムって何があるのかな?と思われる方の為に書かせて頂きたいと思います。

この記事は商品の紹介というよりも、アイテムという大きい括りでの紹介になりますので、より詳しい商品紹介はその様なコンテンツを立ち上げて行く予定ですので、ご期待くださいね!

でわ、早速参りましょう。

ホットジェル

2タイプありますが、神奈川エリアでしたら比較的水温が暖かいのでRegularでちょうど良いかもしれません。
千葉北〜東北などはHardをオススメ致します。

こちらについては以前記事にも書かせて頂いたので合わせて読んでくださいますと幸いです。


耳栓

冷水によりサーファーズイヤーになる事も多いのでこちらを防止する為に必須アイテムです。こちらは粘土みたいな感じで手頃なものですが、友達と行った時に声がちゃんと届かないというデメリットもあります。
ネットで探せば声が聞こえるものなども売ってますので要チェックです。

またこちらの記事でもサーファーズイヤーとは?についても追及しておりますので見てみてくださいね!

グローブ

ウェットと一緒で厚みが平均的に2mm~5mmとあったり。
指が5本指のスタンダードなものから、3本、2本タイプと別れます。
防寒は何よりも大事な事になりますが、一番大事にしたいのはパドリングのしやすさです。
特にサイズが合わないものを使用していると水の抵抗を受けてしまうので、この辺を注意してレビューなどをチェックしてみましょう。

ブーツ

続いても必須アイテムになります。
こちらは防寒だけではなく、リーフポイントでも足を守る為に必須アイテムになってきますね。
サーフグローブと同じで生地の厚みは勿論の事。
スタンダードタイプから丈の長いソックス型。そして指先の形状や足袋のような形になっているものと様々です。

ヘッドキャップ

https://rashwetsuits.online/shopdetail/000000000021/GEAR/page1/recommend/

私は、キャップで完結してしまうんですが(長時間入る事があまり無いのと、比較的暖かい鎌倉にいる為)千葉北や福島の方に行くと流石にこのアイテム必要だなと感じます。

今回の記事では、冬に必要なサーフアイテムをザクッと紹介をしております。
他にもまだ少しだけありますので、次回は後編をお送りしていきたいと思います。

では連休最後の夜が皆様にとって素敵な時間となります様に!
また明日からお仕事頑張りましょうね^^


この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧