【KNOT online contest】エントリー選手紹介/ 御手洗 隆良選手

このコーナーでは、エントリー選手達にインタビューし、選手達の思いを皆様にシェアしたいと思いオフィシャルメディアパートナーであるQUIIVER内に設けております。

ライディングと共に選手達のエピソードを見て、是非皆様で応援して下さい。
またこのライダーを応援したいと思ってくださったら、積極的に彼らのInstagramをチェックしてください。
※選手のコメント部分は選手が答えたものを、そのまま掲載しております。

御手洗 隆良

age: 32/Home:木崎浜、元猿

Q1:この大会への意気込みを聞かせてください。

今までにないチャンスが訪れた。日本中のサーファーが映像作品で競うこの戦い。30代の自分が、新しい、面白いことに挑戦できるチャンス。ビデオグラファーとタッグを組んで自分を魅せ、注目を集めたい。宮崎の自然を活かしながら60秒でストーリーを伝えたい。サーフィンが好きでたまらない人に共有してもらいたい。寝てる時も、起きてる時もサーフィン。そんなサーファーの夢を60 秒に詰め込んだ。

Q2:将来はサーフィンを通してどうなりたいですか?

僕は理学療法士、トレーナー、大学サーフィン部のコーチの肩書きがある。
まず、JPSA のプロ公認を資格取得する事が夢。そして、選手のトレーニング、コンディショニング、技術面、怪我後のリハビリ等のサポートをしていきたい。そんな切り口で、サーフィンに恩返ししたい。

Q3:サーフィンにかける思いを教えてください。

サーフィンは生き甲斐で、ライフスタイル。これは、サーファーの共通認識。僕うもそう。そんなサーフィンが無いとダメっていう人が、より良く、より長くサーフィンライフを送れるように、サポート出来るような人になりたい。

Instagram: @takaramitarai
film&Edit: @umi_yama_asobi

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧