【KNOT online contest】エントリー選手紹介/齋藤 幹太選手

齋藤 幹太

Age:23/Home:豊間

Q1:この大会への意気込みを聞かせてください。

自分がこの大会に参加させてもらった理由は今地元福島の若手で試合に出てる選手もいなくしたの世代もいない環境の中自分はサーフィンを練習しています。 決して大きい大会などで結果などを残せてはいないけれど、地元福島を盛り上げるため、そして、こんな自分でも色んなことに挑戦しているのをもっと多くの人に見てもらいたくてエントリーしました。

Q2:将来はサーフィンを通してどうなりたいですか?

将来、僕は地元福島をメジャーなサーフポイントにしたいと言う夢があります。 いつも波がコンスタントにあり、サーフィンするにはいつ来ても満足できる環境なのに、サーフィンの文化が発展していないのか、他の県に比べたらキッズもいなく下の世代がいないのが、とても勿体ないと思います。自分が少しづつこの環境を変えるためにこれから沢山色んなことを試して、いつかは色んなサーファーが楽しく波をシェアできる場所にしたいです。

Q3:サーフィンにかける思いを教えてください。

サーフィンは東日本大震災がきっかけでサーフィンを始めました。そんなに月日も経ってない僕が、今色んな大会に出て挑戦しています。自分の選手生活も大事ですが、後の世代を育てるため、自分が先陣を切って福島を盛り上げていきたいです。試合に出たことないとか試合に出てみたいと言う人に、勇気づけたり、自分のレベルでも活動できるという事、「挑戦」ってことを福島のたくさんのサーファーに、知ってもらいたいです。コロナで大会がないなかコツコツと練習を積み重ねてきたのでその結果を今年なんとしてでも出せればなと思います!

Instagram:@kanta.gram
film&edit:@kanta.gram

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧