真冬の最強ウェットスーツ【HOODED SHELL】

はじめに

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂浩平です。
このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。

動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。何かお役に立てたら嬉しいです。

エピソード

遂に今期完成したフード付き5mmセミドライウェットスーツ。

KumeBro’sと日本ブランドNouvellevagueが共同開発したHOODED SHELL!
そもそもなぜウェットスーツを開発することになったのか?
その経緯からお話しをしたいと思います。

まず初めにお伝えしたいのですが、僕はとにかく寒いのが苦手です。
特に、真冬の寒い日なんてどんなに波が良くてもサーフィンに行くのが億劫になるほどの寒がりです。

その為色々な防寒グッズを駆使し極力寒さを抑えてサーフィンする事が毎冬の恒例となっていました。

そのアイテムは、サーフブーツやサーフグローブ、ウェットインナー、ホットジェル(体に塗ると発熱するジェルクリーム)など、毎冬色々な防寒グッズが各メーカーの最新商品としてリリースされています。

冒頭でも言ったように、僕は寒いのが苦手なので、色々な防寒グッズを使うのですが、どれもこれも歳を追うごとに進化していて保温性+運動性を兼ね備えています。
さて肝心のウェットスーツはどうでしょうか?
もちろんウェットスーツも防寒グッズ同様、毎年劇的な進化を続けていて「暖かさ」となると、裏起毛の素材が発熱素材になったり、速乾性の起毛になったりと、毎年感心するほど進化を続けています。

しかし、僕には毎年気になっている事がありました。

それは、頭と首の寒さです。

この頭と首の寒さも改善すればより快適に冬のサーフィンを楽しめるんじゃないだろうか?
それが開発するきっかけになりました。

そもそもこの頭と首の寒さの防止として、ヘッドキャップを使用する方も多いことと思われます。

そして僕もそのうちの1人でありヘッドキャップ愛用者でもあります。ヘッドキャップは、冷たい風も防ぐし、冷たい水でドルフィンしても頭が痛くならないので愛用していました。

そんな快適なヘッドキャップがウェットスーツに搭載され、脱ぎ着しても水が侵入しなければ、寒い冬でも快適にサーフィンが楽しめるのではないか?

そう思っていたこともあり、ヘッドキャップとウェットスーツを一体型にする事によって「首」への寒さをも軽減したい。

そういった経緯から、頭と首の寒さも軽減されるウェットスーツが完成しましたの今回はHOODED SHELLをご紹介させて頂きます。

HOODED SHELL  とは

次世代コアシステムのフロントスライドストレッチジップ

フロントに大きく配置されたストレッチコイルファスナーは、驚異の脱着性能を可能にし、さらにかってない防水性能とストレスフリーの運動性能を生み出す次世代のコアシステム『SHELL』にKumeBro’s監修のもとフードが搭載されたモデル『HOODED SHELL』が登場。

AIR TIGHTウェットスーツ公式 ホームページ

 HOODED SHELL最大の水の抑制ポイント

このモデルは、もともと脱着性能がものすごく優れているとされる、AIR TIGHTウェットスーツの人気モデルSHELLをベースに、フラップの部分にフードを搭載したモデルになります。

日本海や北日本の寒冷地では、フードを使用することが常識となっているのですが、関東や南日本ではあまり浸透していなかったのがフードを使用することでした。

なぜ浸透しなかったのか?
それはフードが、暑いだけの理由だけではない気がしていました。
実際比較的温暖とされる湘南エリアでも、北風が吹いている時など、年明けの水が冷たくなる時期では、耳がちぎれるのではないかと思うほど寒い時もあります。

ということは暑い時は外せて、寒い時は被れるそんなウェットスーツなら必要性があるって事です。

KumeBro’sはそのに視点を置き、首回りを徹底的にこだわりフードを外した時でも、水の侵入を抑制する形状を作りました。

フードを外した時になぜ水が入ってこないのか?
そう言った疑問にお答えしますと、HOODED SHELLは水の侵入を防ぐインナーネックバリアー施工してあり、フラップ(開口部)を広げてもらうと中に、首からの水の侵入を防ぐハイネックインナーが付いているので、首から入ってくる水を抑制します。

仮に大きくワイプアウトなどしてしまい、首から水が入ってしまった場合でも、首元は二重構造になっているので、ダイレクトに体へ水が侵入してくることはほとんどなく、水抜き穴から出てくるようになっています。

そして外側の首元は、フードを外した時もしっかりと水の侵入を抑制するよう、首の形に馴染むようなカットを施しているので、首元は通常のセミドライと変わらないほどのフィット感を実現しています。
この構造によりフードを外した時でも、首元から水が入ってこないようになっています。

フードを付けた時はどうなのか?

もちろんフードを付けた時はより水の侵入がないです!
フードを着用した時には更に水の侵入を抑制する為、首元に(Throat Guard)という小さいパッドが着いています。

このパッドが顎の隙間を埋めてくれる事にそこからの水の侵入さえ制御してくれます。

このフードを付けるために、試行錯誤を繰り返して最大限に水の侵入を防ぐための構造にしました。

しかしここで問題があります。
水が入ってくるのは、首だけではないです。

足首、手首からも水は入ってきます。

足首手首には(Water Block System)を搭載する事により、起毛の毛細血管現象による海水の吸い上げを抑制しています。

つまりいくら暖かいからといって裏地の起毛素材を足首、手首まで使ってしまうとその起毛が海水を吸い上げてしまい、じわじわと冷たい水が入ってきてしまいます。

足首、手首の先端部分の裏地は起毛ではなく、ジャージ素材に変える事により海水の吸い上げを抑制しています。

水が侵入してくるであろうポイントには、全ての配慮をして水の侵入を抑制しています。

こだわりポイント

僕たちKumeBro’sが拘ったポイントは、水の侵入だけではないです。
脱着性能だけではなく、開口部が広いモデルの為、寒い冬でもスムーズな着替えが可能になっています。
裏地起毛には、発熱効果があるギガヒートプラスという最高級の起毛を使用。
パドリング時にファスナーが邪魔にならないよう、ストレッチコイルファスナーを使用。
ストレッチコイルファスナーを使用する事により、運動性が上がっています。

股下の縫い目には(Stretch Seam Tape)を使用。ステッチレス構造により、耐久性、防水性を極限まで向上。

5mmラバータイプと、2.5mmジャージタイプの2種類に分かれていて、5mmラバータイプのメリットは風を通さないのでより保温性が保たれます。

2.5mmジャージタイプは運動性能がいいのと、耐久性がいいので長持ちします。

この2種類に分けているのも、様々な地域で使って頂けるよう考えました。
水温は暖かいけど外気温が冷たい秋や外気は暖かいんだけど、水温が冷たい春先など様々なシーンに合わせて使ってもらえるのもHOODED SHELLのメリットになると思います。

首の保温性

通常ヘッドキャップは頭、顔、耳への寒さを防ぐアイテムになりますが、このHOODED SHELLはフードがウェットスーツと一体型になっているので、首への寒さもブロックします。
冷え対策として効率良く体を温めるには、「首」を温めることが大切です。
なぜ首を温めることが大切かというと、「首」のまわりの皮膚は薄く、太い動脈が皮膚に近いところにあるため、気温の影響を受けやすく冷えを感じやすくなるんです。

そのため「首」が冷えてしまうと冷たい血液が全身へ流れ、体全体が冷えてしまいます。
逆に温めることで血行がよくなり、効率よく全身に温かい血液をめぐらせることができるので体が温まります。
つまり首を冷やしてしまうと体全体が冷えてしまい、寒さでパフォーマンス低下にも繋がります。

皆さんによりサーフィンを楽しんでいただきたいという思いから、ヘッドキャップではなくフード一体式のウェットスーツを開発しました!

最後に

何度もお伝えするように、僕は本当に寒がりで冬が来るのがとても憂鬱でした。(何度も強調するくらい苦手です笑)毎年進化するウェットスーツには僕自身本当に感心していまが。
今回僕が作らせて頂いたウェットスーツは、更に良い物で満足いくものが完成しました。
寒冷地でサーフィンする方や、寒がりの方には是非使っていただきたいです。
また寒冷地だけでなく、湘南エリアなどでもフードを外せば通常のジャーフル仕様で使えるので、暑ければ外してもらえればと思います。
ここまでいろいろ説明させて頂きましたが、2年以上開発期間を経てリリースしたモデルなので自分自身納得のいくものが完成しました。

是非一度この暖かさを体感してみてください!

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_lin

↓↓↓ 粂浩平さんの関連コラムはこちら ↓↓↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧