パドルについての解説動画集 編

サーフィンは パドルで沖に出て
うねりを見つけパドルをしテイクオフをします。

このパドルというものはサーフィンをする上でとても大事なものです。

パドルで使われる筋肉は日常生活ではあまり使用しない為サーフィンのパフォーマンスアップをする上では筋肉を強化していく事が重要視されます。

結構人によってこのパドリングの概念が違う場合もあるので
絶対これだと言うのはないのですが、見ていて分かり易かったパドルの動画集を本日は纏めてみました。

Ino
Ino

パドルは永遠の課題です。
海に行けない時こそ、動画で勉強ですね!

一番最初は英語の解説になります。
図解での説明付きなので、英語が苦手でも何となく伝わるかなと。

Top 3 Ways to Paddle Like World Champion Kelly Slater – Surfing Paddling Technique Revealed

次からは日本語の動画を貼ります。
3人のJPSAプロボーダーのYouTube解説をチョイスして見ました。

【サーフィン上達の鍵‼︎】3つの意識で速くなる日本最速プロが1から教えるパドリングの方法。

Ino
Ino

河村海沙プロのYouTubeです。
説明の順序が分かりやすく簡潔で、整理されていて分かりやすかったです。

【決定版】これで完璧。プロサーファーが教える正しいパドリングの方法。

Ino
Ino

山中海輝プロのYouTubeです。
実際にプールで実践している動画なので水中カメラで漕いでる様子が見れ、具体的に鍛えるポイントをさらっと盛り込んでくれています。

パドルが今の2倍早くなる5つの裏技

Ino
Ino

村田嵐プロのYouTubeです。
村田プロなりに意識しているところを解説してくれています。波の種類によってのパドルの変化についても追求してくれてます。

パドルは本当に人によって違います。

特に初心者だと、位置さえもまだ固定できないです。(初心者長いので分かります苦笑)

これらの動画で共通する事は

・頭揺らず固定する事
・足を開かず閉じる事
・板に乗る位置(板によって違うので確認しましょう)
・手は遠くに出し戻すときは最短で(※クロールとは少し違います)

動画でイメージトレーニングして、家でも実際にトレーニングして実践。
がむしゃらにやる事も大事ですが、理論などを理解し実践で体感する事も成長に
繋がると思うので自分なりのやり方が見つけられるようトライしてみましょう!

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧