【劣化を防ぐにはコレ!】ウェットシャンプー&コンディショナー【KumeBro’s 粂悠平】

はじめに

こんにちわ。

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。

このコーナーは、QUIIVERさんのproductsコンテンツの方でオススメのサーフアイテムをご紹介させて頂くコーナーです。

僕のYouTubeでは色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、映像ではなく活字として見てみたいという方もいらっしゃる様なの活字化していこうとなりました。

動画は見たけど、活字としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。

何かお役に立てたら嬉しいです。

本日はこちらのサーフアイテムのご紹介です!

そもそもウェットシャンプーって

サーフィンするのに必須なアイテムの一つがウエットスーツ!!

快適にサーフィンをするには季節ごとにウェットスーツを使い分ける必要があります。

そうなると一年で必要なウエットスーツの枚数は少なくても3〜4枚は常備しておく必要があります。

しかし、ウェットスーツは1枚数万円するんです!

毎年買い換えるにはなかなかの出費ですよね。。。

そこで近年ウェットスーツを少しでも長持ちさせるために、開発されているのがウエットスーツ専用のシャンプーにフォーカスを当ててご紹介したいなと思います。

ウェットシャンプーを使って洗うことで、砂、ワックスなどの汚れを落とすことはもちろんウェットスーツ独特のゴムの匂いをフルーツや花の香りなどにできます。

さらに!!

ウェットスーツのラバーやジャージは年々劣化し、硬くなってしまいますが、ウェットスーツ専用の柔軟剤も発売されており、ウエットシャンプーと一緒に使用することで劣化の進行を遅らせることができます。

ほんと、サーファーに優しい時代になりました!!

僕が子供の頃はウエットシャンプーは販売されてなく、水でもみ洗いするしかなかったのでどんなに時間をかけて洗っても塩が残っていたり、ウェットスーツ独特の匂いがしていました。

使用感も一年使ったフルスーツは巨人の星の矯正ギプスのようになっていました。笑

それがしっかりウェットシャンプーと柔軟剤を使ってメンテナンスすることで2〜3年と快適に使用することが可能になりました。

ここからは僕がお勧めするウエットシャンプー、柔軟剤についてお伝えしていこうと思います。

このアイテムの種類

冒頭でもお伝えしたように一昔前はウエットシャンプーは販売されておらず、皆さん水洗いをしてから干していたと思います。

そのころの習慣か今も水洗いのみで済ませているなんて声をよく聞きます。

中にはめんどくさいから使用したまんま干すなんて方もいらっしゃいました。

時代は進んでウエットシャンプーがあるのに使用しないなんてもったいないと僕は思うんです!!

これまでもQUIIVERではサーフアイテムを紹介してきておりますが

大事にメンテナンスする事で長持ちするのならば、ちゃんと愛着持って大事にして欲しい。といつも口すっぱく言っていますね。笑

皆様の大好きなサーフィンを豊かにするのはこういったサーフアイテムのケアから生まれたりするんです。

さて本題に戻りますが、今回は今沢山のウエットシャンプーが販売されている中で、僕がお勧めしたいCocoSunshineのウェットスーツ専用シャンプーとコンディショナーをご紹介します。

最近では、オールインワン(シャンプーインコンディショナー)が販売されている中、CocoSunshineのはシャンプーとコンディショナーが別れています。

それはなぜか?

圧倒的に効果が高いんです!!

オールインワンは利便性は高いですが、洗浄と柔軟の効果が落ちてしまいます。

シャンプーとコンディショナーを別々に使うひと手間加えたメンテナンスすることで、より洗浄と柔軟の効果を得られます!!

CocoSunshineのシャンプーは、真水では流せない塩分やワックスの汚れもしっかり落とせて泡切れもいいので肌にも良いです。

<CocoSunshineのシャンプー特徴>

・しっかりと汚れを落とせる洗浄効果

・ワックスの汚れも落とせます

・生地に成分が残らない泡切れの良さ

・さわやかなモヒートの香り

・自然に優しい植物成分で除菌、抗菌

・環境を配慮したエコボトル

環境にも配慮しているところが、さらに気に入ってるところです。

シャンプーだけでももちろんOKですが、粂悠平がオススメするのはシャンプー後のコンディショナーの併用です!

CocoSunshineのコンディショナーは、ウエットスーツの保護を目的とした柔軟仕上げコンディショナーです。

<CocoSunshineのコンディショナーの特徴>

・ウェットスーツ生地をソフトに動きやすくする

・柔軟効果で柔らかさをキープ

・硬化、劣化を防ぎスーツを長持ちさせる

・さわやかなモヒートの香り

・植物成分で除菌、抗菌

・環境を配慮したエコボトル

普段使用しているウェットスーツのメンテナンス、季節の変わり目のウェットスーツのメンテナンスにぜひ使ってもらいたいです。

このアイテムの使い方

①ポリバケツ等に水かぬるま湯をためます。

②シャンプーを適量(水10リットルに対して本剤10ml程度キャップ3杯分)を混ぜてすすぎ洗いをします。※コンディショナーの使用方法も同様です。

③そしたら、じゃぶじゃぶとしっかり押し洗いをします。

④水ですすぎます。

⑤次にコンディショナーです。同じようにポリバケツ等に水かぬるま湯をためます。

⑥そして水10リットルに対して本剤10ml程度キャップ3杯分を混ぜ浸します。ポイントとしてはシャンプーのように何度もじゃぶじゃぶするより、ウェットに満遍なく浸すイメージです。

⑦5分ほど浸したら流します。※コンディショナーは念入りに流す必要はありません。

こんな人には合わない

ここまで読んでいただいた方は御察しの通り、シャンプーと柔軟を別々に使わなくてはいけないので、オールインワンに比べるとひと手間増えてしまいます。

そういった作業がめんどくさいと思ってしまう方には少し手間だと思います。

購入先

Snipe CocoSunshine

https://www.snipe-sports.com/m/

最後に。。。

僕がオールインワンを使用せずCocoSunshineのシャンプーとコンディショナーを使っている1番の理由は、CocoSunshineの社長の一言です。

”オールインワンが楽なのはわかっているけど、分けることでそれぞれの効果を100%引き出せるんだよ!”

と言っていたことです。

楽なのはオールインワンだということは分かった上で、使用するサーファーやウェットスーツのことを思い、より効果的にメンテナンスできるようシャンプーとコンディショナーを分けて使うことを推奨してることです。

僕はサーフィンをする上で自分の使うアイテムは大切に使いたいと思っています。

ウェットスーツをしっかりメンテナンスすることでウェットスーツのダメージを防ぎ、1年でダメになってしまっていたところを2〜3年と使用期間を伸ばすことで、他のアイテムを買うお金に余裕ができたらサーフィンをより楽しめるなと僕は思います。

ウエットシャンプーでしっかりメンテナンスをしてボロボロになるまで使い切ったウェットスーツには心から感謝し、新たなウェットスーツと一緒にサーフィンライフを楽しんでもらいたいです!!

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_lin

↓↓ 粂悠平さんのSNSはこちら ↓↓

↓↓ 粂悠平さんの過去記事はこちら ↓↓


QUIIVER編集部より

QUIIVERでは今後も、この様にサーフアイテムを紹介していきたいと思ってます。また次回もお楽しみに!

リクエストなどがありましたら気軽にコメントを下さい。

またサーフアイテムを紹介したい!という企業様がいらっしゃいましたらこちらの宛先までお問い合わせ下さい。
プロサーファーのレビュー付きでご紹介致します。

QUIIVER編集部

担当:猪野
mail : quiiver@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧