サーフィンにおいての体幹強化にオススメのヨガ

サーフヨギーのMarです!

サーフィンを初めて多くの人が悩まされるポイントは、そう

体幹の強さです。

僕はロングボーダーですが、体幹が強いですねとライディングを見てもらった方に良く言われます。
特にエンドセクションにおいて崩れてきたスープに飛ばされないことや、軸がブレずにライディングをし続けているあたりでしょうか。

しかし大事なポイントは、フィジカル的に強いだけでは不十分であることと、身体の使い方によって体幹をしっかりと機能させることを学ぶことが重要です。

それにプラスして、レールの入れ具合や抜き具合、力の入れ具合や抜き具合など、様々な要因が重なっていることもありますが、今ある現状を理解して、ではどうすれば良いのか?

等を、探りながら楽しくサーフィンできたら良いですよね!

今日はそんな体幹を強くするポーズと、体幹の働きを感じられるようなシンプルなポーズをご紹介します。

|プランク

①腕立て伏せの状態になります。

この時にお腹が下がらないようにできるだけ引き上げ続けましょう。

②足指で床をしっかりと踏み、内腿をできるだけ中心に寄せてキープします。

③腕が辛い場合は、両肘をついたバージョンでトライしてみましょう。

※まずは1分間キープを目指しましょう。

|チェアポーズ

①足を腰幅に広げて立ちます。

ヒザを深く曲げて、前モモが床と並行になるくらいのところまでお尻を下げていきましょう。

②かかとに重心を乗せていくようにし、ヒザが内側に向かないように意識をします。

※30秒キープできたら完璧です!

|木のポーズ

①両足を揃えて立ちます。

片足の裏を、反対の内腿に当てます。

②バランスを取りながら、両手で合掌を作り頭の上に伸ばします。

③ポイントは、内モモと足裏で押し合いながら、目線は一点を見つめて呼吸を繰り返します。

※1分間キープ。

下半身は大地に根付き、上半身は柔らかく上に向かって伸び続けます。

いかがでしたでしょうか?

体幹を鍛えるためには、下半身の筋力や土台作りが欠かせません。

また片足などでバランスをとることも内側のインナーマッスルを鍛えることにも繋がります。

やれば変わる、やらなければ変わらない。

場所を選ばずできるのも魅力です!

毎日の継続を心がけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧