大橋海人YouTube ”OCAEN PEOPLE” の裏側 メンタワイトリップ編

カメラマンの川名健太です。

今回は大橋海人のYouTubeチャンネル”OCEAN PEOPLE ”より公開中の

動画からメンタワイトリップ編での撮影秘話についてご紹介できればと思います!

動画についてはこちらからチェックしてみてくださいね!

空港からハプニング連発!?大原洋人と爆笑メンタワイトリップ!【前編

撮影が行われたのは昨年(2019年)の10月頭のこと。

スケジュールでは9日間というトリップの内容であった。成田空港で待ち合わせた相手は同じHurleyチームで日本を代表するコンペティターの大原洋人だ。

成田空港からクアラルンプールを経由しインドネシアのパダン空港へと降り立ち、その後近くの港からジェット船でメンタワイ島へ向かう。

移動時間にして1日半と長旅が待っている。

少し遅れて登場した大橋海人だがここでカメラマンの私に対して早速イジりが始まった。

前日に携帯を最新のi Phone 11 に新調した私だったがカイトからは「機能は6(i Phone)と変わんないらしいよ、でも持ってないと(カメラマンらしい)雰囲気出ないからね(笑)」とさっそくいつものカメラマンイジりが入った。

カイトと私、ヒロトはだいぶ後ろの席へと別々に無事、飛行機に搭乗した我々だったがクアラルンプールに到着して早速問題が発生した。

我々のシートは横に誰も居なく3列を贅沢に使うフライトだったが、ヒロトの席は横も人で埋め尽くされたシートだったそう。

しかも夜中の熟睡中に隣に席を立たれ睡眠を妨害されたと文句を言っていたが、我々の席はクーラーが効きすぎて極寒だった事を伝えると「まぁ同じようなものか」と言った。

俺らのシートガラ空きだったよと伝えるとヒロトは思わずこの表情

クアラルンプールで空港内のホテルに1泊し翌日のフライトで無事パダン空港に到着した我々だったがここでまたしてもトリップお決まりの事件が発生したのだ。

空港にホテルのドライバーが到着し荷物を積む時だった。

大量のサーフボードケースとカメラマンの私の機材を含めるとかなりの大荷物になるが迎えの車が割と小さいバンであった事で荷物を入れるのに四苦八苦。

ボードケースをギリギリで押し込んでいる光景を目にし壊れるかと心配したいうヒロト。

とにかくサーフボードが心配なヒロトはこの表情

車内はギリギリまで荷物が積んでありヒロトはこのスタイルで1時間近く乗るハメに。

「腰が爆発するかと思った」とヒロト

とにかく車内は狭くかなり大変だった。

過酷なドライブを終え無事パダンのホテルに着いた。

長旅からやっと一息つきホテルのレストランで昼食を取ることに。

小さい頃から仲のいい二人だが、とにかくよくふざけあう。

カイトが注文した紅茶の味が薄くガムシロップを足していたところに「まだまだ足らないよ」とヒロトが煽りを入れた。

相当な量のガムシロップを投入された紅茶を一口飲んでカイトはこの表情

大量のガムシロップの入った紅茶にカイトはこの表情

カイトは思わず

「アリだけ、これ飲めるの」と言って、ゲラなヒロトは爆笑しまくっていた。

翌朝、パダンの港からメンタワイ島行きの船に乗船した我々。

メンタワイ島へはジェット船で向かう

だがしかし、ここからが悪夢の始まりだった。

過去一壮絶だったと2人が口を揃えて語った物とは一体!?

次回後編についてお話しできたらと思いますのでお楽しみに!

関連記事一覧