東京2020D&Iアクション-誰もが生きやすい社会を目指して-

参照URL: https://news.airbnb.com/ja/tokyo2020_diversity_and_inclusion/

東京2020大会は、その大会ビジョン「スポーツには世界と未来を変える力がある。」の基本コンセプトとして
「全員が自己ベスト」 「多様性と調和」「未来への継承」を掲げています。

「東京2020D&Iアクション -誰もが生きやすい社会を目指して-」も、これらの考えに基づいています。

新型コロナウイルス感染症による新たな差別や格差の拡大といった社会の分断が深まる中、大会
に参画する多様な個性がある多くの人が、 自分らしさを発揮して、違いを認め合い、違いを活かしな
がら協力することのすばらしさを改めて認識する場が、東京2020大会です。

私たち一人ひとりは、人種、肌の色、性別、性的指向、性自認、障がい、言語、宗教、政治的又はそ
の他の意見、国あるいは社会のルーツ、財産、 出自やその他の身分などの理由による、いかなる種
類の差別がなく、互いを認め合い、誰もが自分らしく生きられる共生社会を目指します。

東京2020大会を契機として、私たちの社会と未来に向けて何ができるかを考え、大会後も実践して
いくものとして、私たちのアクションを宣言します。
Airbnbは企業ミッションに基づき、世界中どこに行っても「すべての人にとって居場所がある」世界を
実現します。差別は居場所の構築に相反するものです。
私たちは偏見と闘い、Airbnbコミュニティをすべての人にとってオープンで公正なものにすることに取り組んでいます。具体的な一例として、
Airbnbを使用するすべての人は、Airbnbコミュニティの誓約および差別禁止ポリシーへの同意が必
須であることがあげられます。今後も無意識のバイアスや多様性に関する研修の継続を通じ、
Airbnbのコミュニティの皆さまとともに、多様性が尊重される社会への貢献に努めていきます。


Airbnbのコミュニティは、2人のホストがサンフランシスコの自宅に3人のゲストを迎えた2007年に生
まれ、以来、ホスト数は400万人に増え、世界中のほぼすべての国と地域にわたる都市で、9億人を
超えるゲストをお迎えしてきました。Airbnbのホストは、今日もまたそれぞれの心のこもったおもてな
しが感じられる滞在とユニークな体験の提供をとおして、ゲストが心のつながりと居心地の良さととも
に世界を体験することを可能にしています。
※「Airbnb」「エアビーアンドビー」「エアビー」の各名称およびロゴはAirbnb Inc.の登録商標です。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧