何かを得る為には何かを捨てる

8月に入りました。
来週にはお盆休みに入られる方が多いかと思いますが、
今年の夏はいつもと違う夏になりそうですね。

夏のアクティビティといえば
お祭り、海水浴、帰省…etc

本来ならばイベントが目白押しの夏ですが少しだけ違う世の中で
新しい楽しみ方を見つけたいなと思うポジティブな考えです。笑

さて、今回のコラムは私が音楽をやっていた時代にとあるラッパーさんが言っていた言葉について掘り下げてみようと思います。

“何かを得る為には何かを捨てる“

人は生きていく中で、選択をしなければいけない事があります。

その選択をするのも決めるのも自分自身になるのですが
不思議な事にその選択の時には思いもがけない出来事があったりします。

私は人にはバケツがあると思っていて、
このバケツの大きさは人によって違うと思っているんです。

いわゆるこのバケツというものは器というものになります。

そしてこのバケツは破壊するほど溢れると、新しい少し大きなバケツに変わって
そのバケツにとって破壊するほどの出来事でなければダダ流しの状態だったりだとかで。

その対応策っていうのは日々起きる出来事の中で、自分自身で見つけていくんだと思ってるんですね。

何が言いたいかというと、勘の良い方なら気づいてきたと思うのですが

まだバケツが破壊しないほどの出来事の時って
何かを捨てなきゃいけないという時なんですね。

例えばこのバケツの例えで言えば自分のバケツに入ってる水を捨てるんです。

捨てるまでは勇気が要りますね。
色々考えます。
そりゃそうです!

今までの大事な大事なお水を〜!!!って

でも気づいて下さい。
水なんですよね。中身。

これを人に例えるなら、時間。いわゆる過去になりますね。

時も水も流れるものなんですよね。

例えばそこであなたがその水を流すという判断をしたとしても
その分入ってくるんです。

人や物事も一緒ですね。
例えそこで切れたとしましょう。

でも。
本当にご縁があるときはまた繋がるんです。


何かを得るときは
何かを失ってもいいと腹をくくる事で自分の望みを選ぶのは大事です。
その時少しだけ心が痛いかもしれません。
でも大丈夫です。
気付いたらもっとスペシャルなものを得ていたりします。

新しいものを自分の中に取り入れるには少し時間がかかるかもしれません。
未知の世界に飛び込む事も。

時代は少しずつ変わってきています。

当たり前だと思ったことは当たり前じゃなくっていく。

現に私たちはそれを体験しています。
このコロナが与えた影響は計り知れないのではないでしょうか?

クリエイティブは、クリエイターだけではなく。
本来人間なら誰でも備え付けられた能力です。

私たちは、自分自身で物事を想像し描き形に出来るんです。

あなたのバケツをもう一回見てみて下さい。

それは本当に必要ですか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧