サーフィンのマナー・ルールについて

はじめに

皆さん、こんにちは。プロサーファー水野亜彩子です。
あっという間に春風が心地よい季節となり、サーフィンを行うのにも最高の季節となってきましたね。
今回はサーフィンをこれから始める方、今更中々聞けない・・・なんて方に必見!
サーフィンのマナー・ルールについて特に大切な基本の3つをご紹介していきます。
暖かくなり海が賑わうシーズンですがルール・マナーを知っていることで、怪我することなく、みんながサーフィンを楽しむことができ、過ごせるようになりますので、今一度確認していきましょう!

1.ドロップインをしない

基本のルールとして、1本の波には1人しか乗れません。サーファーがすでに波に乗っているにも関わらず、前から波に乗ってしまうことをドロップインまたは前乗りと言います。自分のことで精一杯で周りが見れず悪意が無く波に乗ってしまうこともありますが、この行為は接触してしまいボードが壊れてしまったり、身体がぶつかってしまい怪我をしてしまう可能性があるので、とても危険な行為です。

安全の為にも、波に乗る前は周りを確認しすでに波に乗っている人がいた場合には、速やかに波にアプローチすることをやめましょう。ドロップインにならなかったとしても、波が早いコンディションですとパドリングをしたことで、波が崩れてしまい乗っている方がライディングすることが出来なくなってしまう可能性があります。

また、基本のルールでは1本の波に1人しか乗れませんが、左右に分かれて乗れる波の場合はレギュラー方向とグーフィー方向に一人づつ乗ることができます。

2.ピーク優先

ピークとは、波が崩れ始める場所、その波で一番波の高さがある部分のことを指します。

ピークが一番その波の中でパワーがありテイクオフもしやすいことから、ピークが優先となります。テイクオフが早い人や、テイクオフが早い浮力のあるサーフボードですとピークから離れた場所から乗ることもありますが、ルールではピークが優先なのでピークから乗ってきている人がいる場合は気をつけましょう。

また、レギュラー方向(海を見て左方向に乗ること)、グーフィー方向(海を見て右側に乗ること)と分かれて乗れるような波の時は左右に乗ってしまっても問題ありません。

一方向の対して1人しか乗れず、その優先順位が高い人がピークにいる人となります。

3.ライディングの邪魔にならないように沖へ向かう

沖へ向かう動作のことをゲットと言いますが、ゲットしている時にライディングしているサーファーの邪魔をしてしまうことがあります。

私自身、ゲットしている時に邪魔をしてしまったこともあるし、悪意は無くとも邪魔になってしまいライディングができなくなってしまったことがあります。良い波や混んでいるときにやっと乗れた波で邪魔をされてしまうと、やっぱりお互いに良い気持ちはしないので出来るだけ避けたいですよね。

そのためにも、ライディングエリアから避けて沖へ向かいましょう。ただ、リーフポイントのように一定の場所でブレイクしているのであれば、一定のブレイクしている場所を避けて沖へ向かえば問題ないですが、ビーチブレイクですといろんなところで波がブレイクしてしまいライディングエリアを避けて通れないことも・・・。

そのような場合は、注意しながら進み、サーファーの邪魔にならないようにしましょう。

もしサーファーが乗ってきたら、ライディングしている進行方向とは逆に進むようにし、波が崩れている方に向かっていくと、邪魔になったり接触することがありません。喰らいたくない・・・という気持ちはあるかと思いますが、ゲットしている時にライディングしている人がいたら波が崩れていない方に向かうのではなく、迷わず波が崩れている方へ向かいましょう!

最後に

サーフィンを初めてすぐは、どうしても自分のことで精一杯になってしまい周りが見えなくなってしまいます。ですが安全にサーフィンを楽しむためにも、しっかりと周りを見ることがとても大切です。自分のことで精一杯になってしまった時は一度大きく深呼吸して心を落ち着かせるのもおすすめです。そして、邪魔をしてしまった場合は、一言「すみません!」と謝ることでお互いスッキリします!緊張しますが、勇気を出して謝ることも大切です。

また、初めはどこがピークでどこが邪魔じゃないのか見分けることは、その時の波のコンディション、地形、潮の満ち引き、ポイントによって異なる為、一概にここがピーク!などいうことができずとても難しいと思います。なので、最初のうちは海に入るワクワクをぐっと堪えながらもストレッチをしながら砂浜から波を見て、ここで波が崩れる。ここからなら

沖へ向かっても邪魔じゃなさそう!など目印になるものを岸で見つけておくと、海に入って分からなくなっても安心できます。分からなくなったら入った時とコンディションが変わっていることもあるので一度海から上がって確認するのも良いです。そうやって、いろんなコンディションで引き出しを沢山作っておくと少しづつどんなコンディションでも、いつもと違うポイントでサーフィンしても冷静に判断できるようになります。

楽しく安全にサーフィンライフを楽しみましょう♪

↓↓水野さんのスクール情報はこちら↓

海の見える鵠沼海岸のプライベートスタジオにて
\マシーンプライベートレッスンスタート/
詳細は下記のメールアドレス又はinstagramDMにてお気軽にお問い合わせください。
グループレッスン
毎週木曜日 10:30~11:30
毎週土曜日 12:30~13:30 

鵠沼松が岡 Tropical yogaにてピラティスレッスンを開催中!
出張プライベートレッスンも行っておりますので、instagram @asakomizuno
もしくは、Mail: asakomizuno.pilates@gmail.comにてお問い合わせお待ちしております。

↓↓水野さんinstagramはこちらから↓↓

↓↓水野さんの過去記事はこちらからどうぞ↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧