大橋海人pick’s:大橋茅人 Surf Trip(@宮崎)

こんにちは大橋海人です。
本日も自分が、注目してるサーファーやサーフィン以外にも能力がある人達を皆さんに、紹介出来たらなと思っています。

本日は、自分の弟。
大橋茅人。

ちーは自分の1番下の弟で、サーフィンを始めたのは周りに比べるとダントツ遅いですが、うまくなるスピードが早くてびびってます。

サーフスタイルもかっこよく
”ビックウェーブ将来いくかもなこいつ。”
松岡慧斗にも言われる彼の初めてのサーフトリップ。

しかもメンバーが松岡慧斗村上舜萩原周小林直海など、日本トップのサーファー達と一緒の撮影です。

そんな始めての経験。人生一度の始めてを書いたコラムです。

これを見てるとまた初心に帰りワクワクや、やる気が出てくるのは俺だけでしょうか?

みなさんも目を通してみて下さい。


自分のサーフィンをレベルアップさせるためにけいとくんに連絡した、けいとくんはよくトリップをしに行っててすごいチューブをのってるのをSNSとかで見て、行きたいなと思い連絡した。

「けいとくん!俺チューブ上手くなりたいから次トリップ行く時俺もついて行きたいです!」と自分の思いを伝え、けいとくんが次トリップ行く時連絡すると言ってくれた。

10月某日夜中

「明日から行くから、茅人はどうする?」

と聞かれ絶対に行きたい!
と思いその場でチケットを取っていくことにした。

まず今回のトリップ行くメンバーが本当にすごい人達だった。

|メンバー紹介

松岡慧斗
けいとくんはハワイでやるバックドアシュートアウトで個人でベストスコアで優勝してる。バックサイドチューブ、ビックウェーブは日本で確実に1番で世界が認める人だ。

萩原周
次にしゅーくんは昔天才って呼ばれててサーフィンやってたけど途中コンテストから離れてあまり情報がなかったのに去年復活したにも関わらずめちゃめちゃサーフィンが上手いのは勿論だけど、ものすごいカッコいいスタイルでツインフィンとかも乗りこなす俺の好きなサーファーの1人。

村上舜
しゅんくんはジャパンオープンでも優勝してWQSでも上位に入ってるしサーフィンは世界トップレベル必ずCTに入る人だと思う。

小林直海
次になおみはしゅーくんとはまた違うタイプのカッコ良さとスタイリッシュさを兼ね合わせてて、良く一緒に旅に連れて行ってくれる尊敬するパイセン。

川名健太
最後は健太くん。
健太くんは、カメラマンでいつも俺の兄貴と行動してて動画の撮り方や編集の仕方とかもかっこよくて、ゴキブリを退治してくれる優しいパイセン。

このメンバーでトリップに行かなかったら絶対後悔したと思うぐらいかなりやばいメンツ。

こんな日本のトップ達と行く機会は、やりたくてもやれない人達がいっぱいいる。
本当にやばいトリップにいけるんだとワクワクしていた。

|旅の始まり

台風が過ぎ今回のトリップの狙い目の日。

朝6時に起きて狙っているポイントに波チェックに行った。

前の日の夜、けいとくんに
「多分明日のサイズはかなりデカいよ!」
と言われ実際ちょっとビビってた。

そのポイントについて見てみると、波はイマイチ良くはなく風で波がぐちゃぐちゃだった。

今回は狙ってた波は見れなくて残念だったけど、サーフィンは自然とのスポーツ。
天気予報とかで、台風の動きや風が吹く方角やうねりの向きなどを予測してトリップとかに行く。
でも、予報や予測が外れる事は良くあって。
それでも、そこがサーフトリップの面白いところなので、そういう所含めてドップりハマるスポーツだと思う!

狙っていた場所は、波がダメだったので夕方違うポイントに向かった。

次の波は頭ぐらいで、見た目面白そうな波なので普段乗ってる板5.9で友達がバラの絵を描いてくれ他ので、描いて初めて乗る板をセレクトして入った。

入って、横で見た時と目の前で見た時の見た目が違く、同じ波とは思わないぐらい入ると波の穴がデカく、雰囲気頭ぐらいのパイプラインに感じた。

自分はデカい波は苦手な方で、入ってる時もチキって最初はあまり攻めてなくみんなが突っ込んでる姿を見てた。

海の中で

村上舜「波いいね!」

CHIHITO「俺この波怖い!」

村上舜「下がリーフじゃなくて砂だから全然平気だよ!」

っとしゅんくんに言われ言われ、そこからなぜか全く怖く無くなった。

何本か乗って沖に向かう途中、目の前で波が割れ板を後ろに投げて下に潜った。

海から出てくると板がくの字に曲がっててせっかく友達が描いてくれたお気に入りの板を折ってしまった。。。

海から上がって本当にショックで他の板もなくて、着替えてみんなのサーフィンを見る事にした。

みんなチャージしてて、特になおみがこけて板を折ってるのを見て仲間ができた感じがしてちょっと元気になった。笑

ライディングを見て、当たり前だけどレベルの差が天と地でサーフィンのやる気が更に上がって翌日またチャレンジしようと思った。

暗くなっても波のサイズは落ちないし、波のポテンシャルも変わらないのを見ると地元の茅ヶ崎では夕方波がない事から、サイズが落ちない宮崎の海は羨ましく感じた。

翌日

昼から風が吹く予報なので朝6時に起きて途中セブンイレブンに寄って朝ご飯を買って海に向かった。

かなりいい波で、天気も良く朝日の景色も綺麗最高な1日の始まりだった。

海に入って沖に向かった。

向かってる途中目の前でしゅんくんがチューブを抜けてて、一気にテンション打ち上がってダッシュでその場所にパドルして行った。

俺はまだチューブになりそうな波とかわかんないから、とりあえず波に乗ってチューブに入って景色を見てまかれて、それが面白くて繰り返してた。

波に乗って沖に行く時、ちょうどけいとくんが乗ろうとしてた。

けいとくんのスピードの抑え方や、入り方チューブがすごく近くで見れて最高だった。

だんだん風が吹いてきたので、海から上がる事にした。

|最後に
今回の宮崎トリップは、本当にメンツがスゴかった。
誘ってくれたけいとくんには本当に感謝しています。

こんなに豪華な人達と旅できて、自分はチューブは抜けれなかったけど全部がレベルアップした感じで自信にもつながりました。



サーフィンも行く前よりもっと好きになったし、もっと上手くなりたくなって、更に上の景色も見たいって思いました。
本当に色んなことを吸収させてもらった旅になりました。

次また行く機会があったら、それまでにサーフィンを上手くなって、俺のサーフィンうま!って一言言わせたいです!
本当に旅のメンバー全員に感謝の気持ちしかないです!!

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧