革命的なトラクション!LB粂浩平モデル

はじめに

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂浩平です。このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、映像ではなく記事としても書いていこうと思ってます。動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。何かお役に立てたら嬉しいです。

開発に2年!!シグネチャートラクション

2年の開発期間を経て、ついに先日リリースされたのが私、粂浩平が制作したのがLordish Behaviorシグネチャートラクションになります。

Lordish Behaviorをご存知でない方は是非こちらの記事を読んでみてください。

このトラクションを開発するのに本当に時間が掛かりましたが最高傑作と言ってもいいぐらい、自信作となっています。
本日はそんなトラクションについてご紹介させてください。

僕がこのLordish Behaviorでトラクションを作る際に、今までにない新しいものを作りたい。
という気持ちでスタートしました。
しかし、今までにない新しいものを作っても、ただ新しいもの。ってだけになってしまいます。
それではつまらないし、新しくても調子が悪ければ元も子もない。
ではどうしたらいいのか?
新しいけど調子がいい。
そしてそのトラクションが今後当たり前になる。
サーフボードを買った時に貼ろう!って思ってもらえる選択肢になる、そんなトラクションにしたいと思い、僕はこのトラクションのコンセプトに「New Standard」を掲げて制作に入りました。

ただ新しいもの、ではなく、新しいけど当たり前になる。そんな思いで開発を進めました。

そもそもトラクションとは?

サーフボードのテール側(後側)に四角いスポンジの様な素材のものが貼り付けてあるのを見たことがありますよね?
そのスポンジがトラクションになります。
トラクションの用途は、滑り止め、アクションの向上など、サーフィンを行う上でなくてはならいないアイテムです。

そこまでサーフィンにとって大切なアイテムなんですが、今までのトラクション選びって機能性で選ぶことが少なかったんです。

何を隠そう僕もそのうちの1人。
形、デザイン、色合いなど見た目で選ぶことが多かったです。

全てのトラクションの機能性は高いと思うんですが、どれも似た性能になってしまっているからじゃないかと思っています。
プロサーファーが使うトラクション、プロアマが使うトラクション、上級者、中級者、初心者、子供、みんなそれぞれサーフスタイルやレベルが違うのに同じトラクションを使っているんです。

サーフボードはモデルによって使い方が違うのにトラクションは一緒なのか?
そんな事ないですよね?
それなら一般ユーザーの方に使って頂いた時にしっかりと性能を体感してもらえるようなトラクションを開発したいと思いました。

2年かかったキック

基本的にトラクションのキックはアクションする時に使われます。
ステップバックをして、足をキック側にずらす事によりノーズエリアの取り回しが良くなります。
その為にトラクションにはキックが搭載されています。

ですが、このステップバックという動作はかなり上級者の動きで、そこまでうまく足を動かせるサーファーが少なかったんです。
沢山のサーファーの方にお話を伺ったところ「キックまで足が行かない」「キックを感じれない」という声を多く聞いていたので、この様なサーファーの方が使った時でもしっかりと感じられるキックデザインを作りました。

通常のキックの長さは3cmから4cmに対して僕のトラクションのキックの長さは7cmです。
なぜ?7cmなのか?
大体3cmから4cmのトラクションの場合、キックに足が当たるために、後ろ足をスタンダードポジションから一歩後ろに下げないと当たらなかったんです。
僕の開発したトラクションは7cmあるので、半歩後ろに下がるだけでキックに足が当たります。

ライディング中に後ろ足を瞬時に一本動かすのは難しい動きですが、その半分、半歩動かすだけでキックを感じることが出来ます。
このキックに足が当たり出すと、足の角度が付くためサーフボードのコントロール性が上がりアクションがしやすくなります。

その為に7cmというストロークを持たせました。
これは6cmや8cmではダメで、7cmなんです!

当たりすぎず、当たらなすぎない。絶妙な距離に設定しています。
では、キックの長さを伸ばせばいいのでは?
そうではなかったんです!

上級者が使っても調子のいいキック

ただ、闇雲にキックの長さを長くしてしまうと、サーフボードの1番いいテールの位置を踏むことが出来なくなります。
もっと足の位置は後ろでコントロールしたいのに、キックが長い為に早めにキックにあってしまい窮屈な乗り心地になってしまいます。
その為、窮屈にならずキックを蹴り込める位置を模索しました。それが7cmだったんです。

そんな簡単にキックの長さを教えていいのか?
いいんです。笑
もっとこだわっているのがキックの角度なんです。
このキックの角度については秘密にさせてください。笑

キックの角度

キックの角度は様々なため、この7cmの長さに対してどのくらいの高さや角度にすれば良いのか?
この絶妙な角度と高さを作るために最終第4サンプルまでテストを繰り返しました。
キックが高かったり低かったりすると、サーフボードの反応が悪くなったり、乗り心地が窮屈になったりと、すごく難しい政策でした。
ここの設計を上手くしないとキックは感じやすいけど肝心のアクションした時に反応が悪くなるからです。
トラクション本来の用途、アクションの向上に繋がらなければ意味のないものになります。
ではどうしたらこのキックの長さで、アクション性も確保するか?
それが硬さだったんです!

キック、スポンジの硬さ

最終サンプルでキックの長さ、高さ、角度が完璧になり、性能面では申し分ない所まで作り上げたのですが、それでは、窮屈に感じたんです。
一応僕もサーフィンのプロライセンスを取得していることもありライディングには少し自信があるので一言言わせてください。
キックが硬かった!
他3モデルと一緒のリリース予定だったんですが、最終的にここのキックスポンジの硬さを柔らかくしてもらう為にオーダーをストップしました。
このキックの硬さを柔らかくすることで、アクションでキックを蹴り込んだ時に、余分な力を分散し少し違和感を感じていた窮屈感も無くなりました。
ここまでこだわってよかったです。

粂浩平から皆様へ

このトラクションに隠されたギミックは他にもたくさんありますが一番こだわりを詰め込んだのがキックになります。
今までキックってなんの為にあるの、キックを感じたことがない、そんな方は是非使って頂きたいし、
キックは使えるよ!なんて上級者の方でもこだわり抜いたキックなので窮屈感や余分な力を逃すギミックなど、感じてもらえるコンテンツはたくさんあると思います。

ここまで性能面にこだわり作り上げたトラクション。
他のトラクションとは違った新しいトラクションになっていると思います。

New Standard新しいけど当たり前に、そんな思いで作り上げたトラクションになります。

是非一度使ってみてください!

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_link

↓↓ 粂浩平の過去記事はこちら ↓↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧