Eレシピ:夏の日差しのアフターケア♡ハニーナッツ

本日は久しぶりのbeauty記事です。
簡単なハニーナッツのレシピとその効果について纏めてみました。
サーフィン後の手頃な栄養補給としても使えますので男性の方にもオススメです。

ここ最近、雑貨屋さんなどで見かける事が多くなったハニーナッツ。
ブームの火付け役となった”My honey” は手頃な贈り物とされています。

https://www.myhoneyjapan.com/c/foods/f_honeynuts/?gclid=Cj0KCQjwsuP5BRCoARIsAPtX_wEAJf2P5mH6oIhwHzwhNWy4nkq1FSRXRIzYnO873AGzBFouEKcI2cgaApNvEALw_wcB

Ino
Ino

確かに、蜂蜜にナッツてイメージ的に美容に良さそう。。。!と思われると思いますが、具体的にはどんな効果があるのでしょうか?

|ハチミツ

カルシウム、ビタミンB1、B2、葉酸などのビタミン類、鉄、パロチン、約22種類のアミノ酸、約27種類のミネラル、約80種類の酵素など豊富な栄養素が含まれています。
具体的には、
“疲労回復“
“高血圧予防”
“咳止め効果“

があげられます。サーフィン後の栄養補給としてもオススメのものなのです。

|ナッツ類

カロリーという点においては高カロリーになりますが、この脂肪分は不飽和脂肪酸と言って善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減らすオメガ3と、コレステロール値を低下させるオメガ6が含まれています

アーモンド・・・アンチエイジング、ビタミンEの含有量が、ナッツ界のなかでトップ
カシューナッツ・・・オレイン酸を多く含みタンパク質と糖質、ビタミンB1、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル分があります。
くるみ・・・7割が脂肪分でリノール酸がその大半占める。
タンパク質も他のナッツ類に比べ良質で、カロチン(ビタミンA)、ビタミンB1、リボフラビン(ビタミンB2)、ビタミンEなどビタミンも豊富です。
マカダミアナッツ・・・肌に潤いをもたらすパルミトオレイン酸が入ってます。

我々サーファーズにとって、日焼けは切っても切れない縁になりますので
皮膚の再生力に力を発揮するナッツ達とハチミツで身体の中からケアもしたいところです。

Ino
Ino

前置きが長くなりましたがレシピにいってみましょう。

材料
ミックスナッツ(食塩不使用・素焼きタイプ)・・・100g
ハチミツ・・・130g
※消毒したメイソンジャーなどの瓶

作り方

前準備としまして、以前もご紹介しましたメイソンジャーの煮沸法をご紹介しますね!

1. 鍋底にふきんを敷いて、メイソンジャーと内蓋・外蓋をそれぞれ別々に置く。
2. メイソンジャー・内蓋・外蓋が隠れるくらいたっぷりと水を入れ、火にかける。
3. 沸騰したら、そのまま10分程度煮沸。※煮えたたせること。
4. メイソンジャーと内蓋・外蓋を取り出し、清潔なタオルなどの上で自然乾燥させてください。

①ナッツを弱火でフライパンで乾炒りします。(油を引かずに材料を炒める)
ナッツが温まってきたらOKです。
②ナッツを煮沸した瓶に入れて、蜂蜜を入れます。(お好みでシナモンを入れても美味しいですよ!)それで完成です。

Ino
Ino

保存方法は常温で保存する瓶さえちゃんと煮沸していれば一年ほどは持ちます。
オススメはヨーグルトにかけて食べるのが好きです♡

まだまだ日差しが続く8月。
体の中からのケアも取り入れてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧