パイプラインでの勝利を掴んだCTサーファータイラーライト!

昨日の記事にも書いたように、

女子としてパイプラインでの試合は史上初である中、優勝を納めたのはオーストラリア出身のタイラー・ライトです。

オーストラリアで放送されている”60 Minutes”にてLGBTであることをカミングアウトしました。

こちらは試合前の彼女の意気込みをInstagramで投稿したものです。

サーファー業界で、LGBTQについて訴えかけている方は中々見かけない中で
実力もあり影響力のある彼女がこれらの社会的な課題に追求することは、非常に快心的です。

サーフィンもアグレッシブでとってもかっこいいです!

さて、それでは最後に去年のマウイプロでのステファニーギルモアとのファイナルヒートをご覧ください。こちらの試合では負けてしまうのですが最初のラウンドがカッコ良かったので是非見てください。

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧