四度のワールドタイトルを手にしたクイーン!Carissa Moore

アメリカ合衆国ハワイ州ホノルル出身のカリッサ・ムーア。

2011年、2013年、2015年、2019年のWSL女子ワールドツアーチャンピオンを獲得しています。

今年はドキュメンタリー映画の“Riss”がレッドブルのYouTubeチャンネルで公開されました。

常に太陽の様な笑顔を絶やさずに、 ハワイのアロハマインドや海、家族、友に旦那さん全てが彼女にとってのエネルギーなのだと感じる映像です。

ダイナミックなサーフィンスタイルのカリッサのサーフィン映像です。

本当にパワフルですよね!!!

私生活でもとても充実しておりハッピーな様子が見れるカリッサ。
アメリカ代表のオリンピック選手権も得て出場の意向ですが、2020年のWSLは休戦すると発表しております。

リフレッシュ後の彼女の今後の活躍が楽しみです!

筆者としましては非営利団体’ムーアアロハ’(サーフキャンプや、キッズの育成を目的としている)の活動も気になるところです。

引き続き彼女の活躍を追っていきたいと思います。

最後はフィジーで伸び伸びとサーフィンする映像で締めたいと思います!

関連記事一覧