海がもたらすセラピー効果

海や浜辺で過ごす時間。
それは皆さんにとってどんな時間ですか?

初めてサーフィンに出会った時に感じた海はどうでしたか?

私にとっての海で過ごす時間は自分がゼロになれる瞬間です。
サーフィンは勿論の事
プカプカと海に浮いて空を見たり
浜辺で海を見たり
朝の海も昼の海も夜の海も

全てが私のエネルギーの元です。

例えば海水は
海水の成分とヒトの血液の成分が非常に似ていることや
成分比が妊娠中の母体の羊水と近いといわれることから、
生命の始まりであり
安らぎ、癒しの根本にあるのは安心に包まれた母なる体内への回帰とも言われております。

そして波は
押し寄せる波のリズムの揺らぎが私たちの体内の鼓動や呼吸のリズムと同じように感じ心地よいと感じるという説もあります。

そしてその波の音は
人間の脳から落ち着いた状態の時に出る「a波」という脳波が出て、リラクゼーション効果があると言われております。

そして海にいることにより自然に太陽の光を浴びて
脳から”セロトニン”という成分が分泌され、自立神経を整え心をポジティブにしてくれたり、心地よい目覚めをサポートしてくれたり、ストレス解消に繋がるのです。

アインシュタインは言いました。

人は海のようなものである。
あるときは穏やかで友好的。
あるときはしけて、悪意に満ちている。
ここで知っておかなければならないのは、人間もほとんどが水で構成されているということです。 


それは私達の体を構築するそれぞれのものが
海に近いところがあるから身近に感じるのかもしれません。

もし、
日常生活や人間関係において心が疲れてきてしまったら
海に行ってみて下さい。

海がもたらす沢山の恵みを利用し
疲れた心を癒す様々な療法も開発されています。

以前の記事で書かせて頂いたこちらはサーフィンセラピーのドキュメンタリーになりますが
https://surf.quiiver.net/?p=228

私自身も、海とサーフィンによって癒されてきています。
きっと少しだけ。
その肩の荷が下りるかもしれません。





関連記事一覧