試合観戦のポイント

はじめに

皆さん、こんにちは。プロサーファーの水野亜彩子です。
WSLチャンピオンツアーがハワイ ノースショアのパイプラインから男女共にスタートし、日本でも3月にAsia Openがオリンピック会場となった千葉県釣ヶ崎海岸、通称志田下ポイントで開催されました。
今年は例年とスケジュールが違うので私自身、どのようなドラマが生まれるのか今からワクワクしております。
今ではネットからライブ中継でサーフィンの試合を観戦出来るようになりましたが、まだまだ会場に足を運んでサーフィンの試合を観戦しに行くという方は多くは無いと思います。
もちろん、ライブ中継ですと実況解説があるのでルールや知識を深めることが出来ます。
しかし、試合会場に足を運び観戦することで刻々と変わる波の状況に合わせて戦う選手を間近で見ることができ、勝負の世界の緊張感を味わうことが出来ます。
私のおすすめは片耳ライブ中継で聞きながら、会場での観戦と欲張り観戦方法!
試合の状況を実際に見ることができる上に、分からないことは中継を聞く事で試合を楽しく観戦できると思います。
今回はそんな試合観戦時のポイントをご紹介させて頂きます。
(コロナの状況で無観客の場合がございますので事前にご確認ください。)

波の状況でスケジュールが変更になることがある

大会によってスケジュールが決まっている試合、前日の集合時間などが伝えられる試合と試合により様々ですが、サーフィンは自然相手のスポーツなので、スケジュールが波のコンディションで変更になることがあります。
選手ファーストで、波の良いコンディションに試合を進められるように運営側、コンテストディレクターが波の状況を見て、その都度状況を判断しています。
また、大会によっては1日試合が無くなる。なんてこともあるので出来るだけ試合前の波情報は入念にチェックしてから動くことをおすすめします。

試合観戦は基本無料!

WSL / Cestari

スポーツによっては観戦するために入場料があるものもありますが、サーフィンは基本的に無料で試合観戦することが出来ます。
サーフィンは当たり前ですが海で行うので、場所によっては試合会場に電車で行くと駅から歩いたらすごい時間がかかる・・・なんてことも。
また車で行ったけれど駐車場が少なく停められなかったり、駐車料金の上限が無く駐車料金がとんでもない金額に・・・。なんてことも。
一度、試合会場がどの辺りにあるかを事前に調べておくと良いと思います。
そして、大会によっては飲食のお店が並ぶこともありますが、並んでいなかった場合試合会場からコンビニなどが遠いことが多いので先に持っていくと安心です。特に水は飲むことも出来るし、砂まみれになった足を流したりすることも出来るので多めに用意しておくと便利です。

おすすめアイテム

試合観戦の際に持っていると便利なアイテムを5つご紹介していきます♪

ジャケット/タオルなどの羽織もの

海に行くのだし、薄着で良いやー!なんて気持ちになりたいのですが、海に行く際は必ず羽織れるアイテム、ブランケットやタオルなどを持って行くこと、いきなり天気が崩れてしまった時や、風が肌寒い時にパッと羽織れるので便利です。
私は、常に車にコンパクトに折り畳める薄手のダウンとタオル、シープスキンが入っています。夏場は使わないでしょ?って思うかと思いますが、意外と車に積んでいて良かったー!って経験を何度もしたことがあります。
またタオルやブランケットは、下に引くことも出来るので一個大きめのものを持っていると安心です。

水筒

最近は保冷力、保温力が高い上にデザインが可愛い水筒が多いですよね。
水筒を一個持っているとゴミも減ってエコになるし、寒い時は暖かい飲み物を。暑い時は冷たい飲み物を入れておくとホッと心が落ち着きます。
夏場は特に日差しで熱中症になってしまうこともあるので、こまめに水分補給を!

キャップ

試合会場によっては、日陰が無い場合も。そんな時、キャップがあるだけで日焼け対策はもちろん頭を太陽から守ることで熱中症対策にもなります。
目もとても楽になるので、1つ持っていくと安心です。
私のおすすめはバケットタイプがサイドからの日差しも守ってくれるのでおすすめです。

日焼け止め

夏でも冬でも、晴れでも曇りでも、年中降り注いでいる紫外線対策はしていて損はないです!
朝は曇っていたからと思い日焼け止めを塗り忘れてしまったら、日中晴天で日焼けしてしまった・・・なんて経験ありませんか?
1つバッグに忍ばせておくと安心!

ポータブル充電器

観戦しながら、試合のLive中継を見たり、スコアを確認していたりするとあっという間に携帯の充電が無くなってしまい、充電する場所も海なので無い・・・なんてことがあるので、ポータブル充電器を用意しておくと安心♪
サーフィンは良い波に乗ることが大前提ですが、自然の中で行われるスポーツ。自分と自然との戦い、そして一緒に戦っている選手の動きもリアルタイムに把握しながら、勝つために色々なシチュエーションを頭で考えながら波、相手の動きを読んでいかなくてはなりません。
そんなゲーム性のあるサーフィンという競技会場に一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?
よりサーフィンの魅力にハマるはずです♪

↓↓水野さんのスクール情報はこちら↓

海の見える鵠沼海岸のプライベートスタジオにて
\マシーンプライベートレッスンスタート/
詳細は下記のメールアドレス又はinstagramDMにてお気軽にお問い合わせください。
グループレッスン
毎週木曜日 10:30~11:30
毎週土曜日 12:30~13:30 
鵠沼松が岡 Tropical yogaにてピラティスレッスンを開催中!
出張プライベートレッスンも行っておりますので、instagram @asakomizuno

もしくは、Mail: asakomizuno.pilates@gmail.comにてお問い合わせお待ちしております。

↓↓水野さんinstagramはこちらから↓↓

↓↓水野さんの過去記事はこちらからどうぞ↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧