安心してサーフィンができる!!ダイヤル式キーボックス【KumeBro’s 粂悠平】

はじめに

こんにちわ。

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。

このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sのおすすめアイテム」のコーナーです。

僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、ここでは映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。

動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます。

また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。
何かお役に立てたら嬉しいです。
アイテムのご紹介に行く前にまずはこんなエピソードからどうぞ!

エピソード1

サーフトリップ。

それは、サーフィンの醍醐味の一つです。

気の合う仲間達と海に向かう車の道中はずーっとサーフィンのことばかり話しして、海について疲れ果てるまでサーフィン。考えただけでワクワクします。

皆さんは、そんな最高の時間をぶち壊しにされたことありますか?
そうです。
意外と身近でよく話に聞く最悪の出来事。

「車上荒らし」

特に良く被害に遭う場所として多いのは、地方などの比較的空いてるポイントなどでは多発しますね。
実際、僕の知り合いでもやられたと言う話を何度も聞いたことがあります。

海から上がって車の窓ガラスが破られてるわけでもないのに貴重品一式がなくなってたんですって!!

なんでそんなことが??

その友人は車のタイヤ周りに鍵を隠していたのを見つけられて普通に鍵を開けて中のものを物色されたんですって!

えええ!まさか!

もしかしたら明日は我が身の方もいるかもしれません。

今ギクってなった方結構いたんじゃないですか?

タイヤの周りに鍵隠してる方非常に多いと思います。
これはほんとに危険です。
ということでここからはサーフィン中の車の鍵の保管方法についてと粂悠平が実際に行っている鍵の保管方法についてお伝えしますね!!

良くあるサーフィン中の鍵の保管方法

1.鍵を海に持っていく
スマートキーの場合は防水ケース。
普通の鍵の場合はウエット生地でできたケースに入れて持っていく。

2.有料駐車場の管理人に預ける
鍵を預かってくれる駐車場もあります。

3.キーボックスに入れる
ダイヤルロック式のキーボックスに入れ、車にくくりつけて保管する

それぞれのメリット、デメリットについて

■メリット
1.の場合・・・・持ち歩いているので鍵を盗まれる心配がない。
2.の場合・・・管理人に預かってもらえるので安心。基本的には鍵の紛失が起きにくい。
3.の場合・・・簡易的に鍵を保管することができる。

■デメリット
1.の場合・・・海に持っていくのでワイプアウトの際紛失の可能性がある。
2.の場合・・・管理人のいない駐車場が多い。
3.の場合・・・多くはダイヤル式のため、暗くなるとダイヤルの数字が見えなくなる。

粂悠平愛用のDecant keyloker neo

僕は、3のダイヤル式キーボックスを使用しています。
その中でも気に入って使ってるのがDecant keylojer neoです。
海に持っていくことなく簡易的に鍵を保管できるので非常に便利です。

キーボックスも小さいので車に入れておいても嵩張らないところも気に入ってます

キーボックス自体もしっかりとした作りなので、中の鍵を取り出すにも簡単には取り出せません。
鍵の場所も明確なので一緒に行った友人も各々好きなタイミングで上がることができます。

鍵の保管をしっかりしても車上荒らしの確率がゼロになるわけではありませんが、少しでも確率を減らすためにも鍵の保管の仕方はしっかり考えたいですね。

こんな人には合わない

日暮れギリギリまでサーフィンする方にはお勧めできません。
暗くなるとダイヤルが見えなくなり、ダイヤルを合わせることが困難になります。
これだけはほんとに気をつけてください。

以前ダイヤルが見えず開けることができなくなり、隣にいた方の携帯のライトで照らしてもらったことがあります。

最後に

鍵の保管は意外にも難しく、神経質な方は気になることです。

夏のシーズンであれば、サーフトランクスに入れたりリーシュのカフにキーケースが付いてるタイプを使ってみたりと色々試してみましたがなかなかしっくりくるのがなかったのが正直な感想です。

僕もダイヤル式キーボックスを利用する前は、普通に車のタイヤ周りに隠してました。

でも、これって海入ってる間ずーーっと気になるんですよね。

そうするとサーフィンを100%楽しめない。

ダイヤル式キーボックスを利用すれば鍵の保管場所に困ることもないし、体に何も身につける必要もないし、何より安心。

僕が使ってるのは背面にクッションがついてるので、車のボディーを傷つけないのでドアノブなど、あらゆる場所につけることができるので便利なんです。

鍵の保管方法に迷ってる方はダイヤル式キーボックスを是非使ってみてください。

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_lin

↓↓ 粂悠平さんのSNSはこちら ↓↓

↓↓ 粂悠平さんの過去記事はこちら ↓↓


QUIIVER編集部より

QUIIVERでは今後も、この様にサーフアイテムを紹介していきたいと思ってます。また次回もお楽しみに!

リクエストなどがありましたら気軽にコメントを下さい。

またサーフアイテムを紹介したい!という企業様がいらっしゃいましたらこちらの宛先までお問い合わせ下さい。
プロサーファーのレビュー付きでご紹介致します。

QUIIVER編集部

担当:猪野
mail : quiiver@i3design.co.jp

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧