ブーツの中までカラカラ!!サーフブーツグローブ専用ハンガー「Multi Hanger」

はじめに

サーフィン系YouTuberプロサーファーの粂悠平です。
このコーナーは、僕らが週一回交代で記事を書いているプロダクト「KumeBro’sおすすめアイテム」のコーナーです。
僕らのYouTubeでは、これまでも色んなサーフアイテムを紹介しているのですが、ここでは映像ではなく記事として書いていこうと思ってます。
動画は見たけど、記事としても見てみたいって方にも楽しんでいただける様な記事にしていきたいなと思ってます
また動画ではお伝えしていない、そのサーフアイテムの説明なども僕目線にはなりますが、記事では書いてるので合わせて読んでみてください。

何かお役に立てたら嬉しいです。
さあ、本日も行ってみましょう。

冬の必須サーフアイテム

冬に快適にサーフィンをするためには、夏に比べて多くのサーフアイテムを利用しなくてはいけません。
冬の代表的なサーフアイテムがサーフブーツそしてサーフグローブです。
数年前は、冬のサーフアイテムを使うとサーフィンの調子を崩してしまうなどの声が多く、今ほどブーツグローブの利用率が高くなかったように感じます。
ですが、以前KumeBro’sのオススメアイテムのコーナーでもご紹介したようにサーフブーツ、サーフグローブの性能が近年格段に上がっていて、多くのサーファーが冬のサーフアイテムを利用し、快適にサーフィンを楽しんでいます。

↓↓記事はこちらからご覧ください↓↓

数年前までは、僕もブーツグローブが苦手なサーファーの1人だったのですが、2年前に出会った足形成形ブーツSoliteに出会いブーツ嫌いを克服しました。

↓↓記事はこちらからご覧ください↓↓

足形成形ブーツSolite

ブーツグローブを頻繁に使用するようになり快適に冬のサーフィンを楽しむことができるようになりましたが、ブーツグローブを使用することで今まで感じなかった新たなストレスを感じるようになったのです。

それが、「ブーツグローブってどうやって干すの」です。
ウェットスーツはハンガーにかけて干すのが常識ですよね。
ですが、ブーツグローブはどのように干すのが正解なのか?
ピンチハンガーに挟んで干す?
床に並べる?
竿に引っ掛ける?
どれも試したのですが、しっくり来ません。
ピンチハンガーに至ってはブーツグローブに跡がついてしまい、最悪の場合元に戻りません。
洗濯竿に引っ掛けるとブーツの底に水が溜まり乾かないですし、風が強いときには、グローブは飛ばされます。
床に置くと長い時間乾かないですし、、、

ブーツグローブの正しい干し方が全くわからない!!!

暖かく快適にサーフィンできるようになったのに、毎回湿ったブーツグローブを利用することにとてもストレスを感じていました。
これに出会うまでは!!

サーフブーツ、サーフグローブ専用ハンガー「Multi Hanger」

僕が感じているストレスを感じているサーファーは多くいらっしゃると思います。
ブーツグローブ専用のハンガーを知らない人、もしくは知ってるけど使ったことない人、もし僕と同じストレスを感じているならば、絶対購入することをオススメします。
このマルチハンガーは本当に素晴らしい。
まず見た目のことを言うと、ハンガーとしては特殊な形をしていますよね。
このマルチハンガーはブーツを干す場所、そしてグローブを干す場所があります。
ブーツグローブを一緒に干せて、尚且つブーツグローブを痛めずにしっかり干せる。
マルチハンガーを考えた方に脱帽です。笑

Multi Hangerの使用方法

使用の仕方ですが、グローブを干すのがこのスペース。

この棒にグローブを差し込むことで、グローブに溜まった水もしっかり落とし、グローブを浮かせることでしっかり中まで風が通り、裏までしっかり乾きます。

僕が一番感動したのはブーツを干すこのスペース。

今までのやり方では1日干しても、ブーツの中は乾いてないのが当たり前だったのですが、マルチハンガーを使って僕は感動しました。

しっかり乾いてる!!

!!

逆L字の棒にブーツを差し込むのですが、この逆L字の角度が絶妙なんです。
つま先の水がしっかり外に出るよう設計されていて、ブーツの中の水が外に出るので中までしっかり乾く。
グローブ同様、ブーツを宙に浮かせることで、指先まで風が通り、中をしっかり乾かすことができます。

マルチハンガーのビックリするのは、使用用途がこれだけではないということです。

このカタログのように、ドライスーツを逆さまにして干すことができます。
これにより、ドライスーツの中に溜まった水を抜きながら、干すことができます。
ドライスーツ同様、釣りなどで使うウェダーも同じように干すことができます。
結露などで濡れたドライスーツや、釣り用のウェダーもしっかり乾かすことでカビの発生などを防げます。
そして最後に一番下の棒は、バスタオルを引っ掛けたりウエットスーツを引っ掛けたりして干すことができます。
ですが、ウエットスーツは専用ハンガーを利用することをお勧めします。
引っ掛けると、ウエットスーツを痛めてしまいます。

ウエットスーツを長く使用するためにも、ウエットスーツは推奨されたハンガーを利用してください。

こんな人には合わない

使用上感じる改善点は見当たりませんでした。
素晴らしい商品だと思います。

最後に

様々な使い方ができるのが、サーフブーツグローブ専用ハンガー「マルチハンガー」です。
マルチハンガーを使用していない方の多くは、僕が冒頭で書いたような干し方をしていると思います。
マルチハンガーを使用しないとブーツグローブ絶対中濡れてるんですよね、、、
わかります。笑湿ったブーツやグローブを使用することに少しでもストレスを感じている方は、是非使用してみて下さい!!
僕はもっと早く知って、早く使いたかったと思っています。
騙されたと思って使ってみてください。

一度使ったらなくてはならないアイテムの一つになると思います。
それでは怪我のないようサーフィンを楽しみましょう。粂悠平でした。

↓↓↓  KumeBro’s ↓↓↓

【兄、粂悠平】【弟、粂浩平】
湘南茅ヶ崎出身の兄弟プロサーファーとして活動しています。
主な活動は、
●プロサーファー初のYouTube「Channel KumeBro’s 」にて毎週金曜に動画を配信中!
●サーフィン雑誌「サーフィンライフ」で、KumeBro’sの連載ページを制作!
●サーフウェブメディア「Quiiver」にて連載企画KumeBro’sのサーフアイテム記事を制作!
●地上波テレビ神奈川にて初のサーフィン番組KumeBro’sプレゼンツ「NaluTrip 」を制作!このラジオでは、
サーフカルチャー、サーフィンのテクニック、サーフアイテム、プロサーファーをゲストに招いたトーク、そして僕たちの本音トーク!
サーフィンを知るきっかけとなり、サーフィンが好きな方々にも楽しんでもらえれば嬉しいです。
【YouTube 】Channel KumeBro’s
https://youtube.com/channel/UChOqe9cYiEBi0S5ejhLv1fw
【instagram 】
兄、粂悠平
https://instagram.com/yuhei_kume?utm_medium=copy_link
弟、粂浩平
https://instagram.com/kumekohei?utm_medium=copy_link

↓↓ 粂悠平さんの過去記事はこちら ↓↓

この記事が気に入ったら
「いいね !」 しよう

関連記事一覧