憧れのカリフォルニアで サーフトリップ

アメリカ合衆国、カリフォルニア州ロサンゼルス。

カリフォルニアスタイルとも言われ
沢山のプロがこの地で生まれ、サーフカルチャーの代表峰と言われているサーフタウン代表するのがこのロサンゼルスです。

ここでは沢山のサーフカルチャーが生まれ、サーフィン、音楽、カフェなどの食事、ファッション、インテリアに至るまで幅広く独自のスタイルを確立しています。

そしてサーフカルチャーが根付いてる街をサーフシティといいます。

沢山のオススメのご飯屋さんがありますが
特に好きなのはサンタモニカピアを見渡しながら味わう老舗レストラン

The Lobster

https://www.visitcalifornia.com/jp/attraction/%E3%82%B6%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC

ロブスターが美味しいのは勿論なんですが、それ以外のアラカルトが絶品なんです。
美味しいワインに美しい景色を堪能しながらお食事を楽しんでみて下さい。

またベニスビーチ沿いには沢山の露店や屋台などがあります。
これもとても楽しくて、買い物し過ぎてしまうのが悩ましいです。

※ビジターはルール・マナーを必ず守り一度に大勢でエントリーしないなどの配慮を心掛けていきましょう。
ビーチクリーンも心掛けていきましょう。

代表されるサーフシティは大きく分けると6つ。
※アイコンにカーソルを合わせるとポイントの名前が出てきます。

Malibu / マリブ
ボトム:ロック・サンド
ポイントブレイク

Venice Beach / ベニスビーチ
ボトム:サンド
レギュラー/グーフィー

・Huntington Beach / ハンティントンビーチ
ボトム:サンド
レギュラー/グーフィー

Lowers-ロウワーズ・トラッセルズ
ボトム:サンド・リーフ
ポイントブレイク
WSLが開催している、サーフィンの頂点を決めるワールドツアーの一戦「ハーレー・プロ」もここで行われている。
サーフボードを持って20分近く歩くのとトップアマかプロばかりなのでガイドをつけるか、現地リサーチをちゃんとしましょう!

San Clemente / サンクレメンテ

Encinitas / エンシニータス

Pacific Beach / パシフィックビーチ

イメージ的に南国のイメージがあるカリフォルニアですがハワイと違って水温は低いです。

11月〜5月  13度~16度
6月     16度〜18度
8月〜9月  18度〜20度
10月    18度〜19度

夏の7月下旬から〜9月はトランクス、スプリングなどでも入れますが日本人には寒いかもしれません。
それ以外は、フルウェットスーツは必須です。

特に、オススメなのは板を買う事!

郵送料を入れたとしても、カリフォルニアブランドの板が日本で買うよりも3〜5割も安く買えるんです。

実際に手にとって、現地の方に触れ合いながら選ぶ板は特別な思い出が出来ますし旅が終わってもワクワクしながら板に乗れるものです。

そして水着やウェットも同じくとても安く買えるので買い物の時間も設けるのがベストです。

関連記事一覧